毎回お出かけデートではなく、たまには彼氏とお家デートをする機会があると思います。お家デートではまったりテレビを見て過ごしたり、二人でくっついて添い寝したりしますよね。しかしその添い寝、間違った行動をすると二人の関係にヒビが入る原因になってしまうかもしれません!

今回は、彼とのラブラブ添い寝タイムに注意するポイントを教えちゃいます♪




◆顔を向かい合わせて寝ない!

彼の顔を見ながら寝るのはとても幸せになりますよね。しかし、顔を近づけて正面に来るような体勢はやめましょう。なぜかというと、正直息苦しいと感じるようになってしまうからです。これでは長く一緒に添い寝することが難しくなってしまいますね。

彼の首元に顔がいくような体勢がいいでしょう!


◆くっつきすぎない!

手足を絡ませたり、ずーっとくっついて痛くなってしまいますが、いくら好きでも寝返りを打ちたくなります(笑)

定期的に体勢を変えてあげたり、本格的に寝る雰囲気になったら手を繋ぐだけにするなどの対策をしましょう!


◆ずっと腕枕の体勢をしない!

腕枕は男子にとって意外と大変な体勢です。それはもしかしたら皆さんも承知の上で気を使っている人も多いかもしれません。

コツとしては二の腕などに頭を乗せずに、枕を高く設定して首と床の間に隙間を作り、そこに腕を通してもらいましょう。腕が圧迫されないので男子も楽になります!


◆ベッドにいきなり乗らない!

男子は潔癖症な人が多く、好きな人でもちょっと…と思ってしまうことがあります。よくやってしまいがちなのは、いきなりベッドに入ってしまったりはNGですね。会う前にシャワー浴びてきたという場合でも、気にしてしまう人がいるということを覚えておきましょう!


◆さいごに

いかがでしたか?彼との幸せな時間なはずが、ちょっとした行動でヒビが入る原因になってしまうんです!

これから彼と添い寝するときには気を付けましょうね♪


【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・スマホのロックはしないほうがいい!彼氏に浮気を疑われないための行動5つ
・彼氏が「付き合っているのに寂しい」と感じてしまう瞬間5つ


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)