2020年、東京で第二回目のオリンピックが開催されます。

はじめて日本でオリンピックを迎えたのは1964年。それから、56年の歳月を経てまた日本へオリンピックがやって来ることは、私たちも胸が躍るイベントです。

それに伴い、世界で有名なメイドインジャパンのコンドームの出荷量が大幅に増加することが期待されているようです。






◆過去のオリンピック

2010年に開催されたカナダのバンク―バー冬季オリンピックでは、約10万個のコンドームが用意されましたが、すぐになくなってしまったようです。

急遽追加を余儀なくされた経験を生かし、リオ・デ・ジャネイロ夏季オリンピックでは、35万個を配布されました。
この数字はオリンピック至上最多だったようです。


◆日本のコンドームを世界へ

東京オリンピックの開催で世界一のクオリティと称される日本のコンドームメーカーが有名になるチャンスです。

中国では日本のコンドームの品質と極限の薄さを評価し購入者が後を絶ちません。
より多くの人たちへ日本のコンドームを広めていきたいものです。






「夜のオリンピック」を轟かせ!リオでは35万個!東京ではいくつ?」の続きは、
姉妹サイト「リアリス」で読めます!今すぐバナーをクリック!





(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)