生理は初潮から閉経まで、35年近くも付き合っていくことになります。
毎月やってくる憂鬱なイベントを少しでも楽に過ごしたいものですよね。
快適に過ごすにはどのような方法が必要なのか早速紹介していきたいと思います。




◆運動をする

軽い運動は、血行をよくし、生理痛や不快感を軽減してくれます。ヨガやストレッチをしても良いでしょう。


◆湯船にゆっくりつかる

夏でも湯船につかり体を温めることが大切です。生理痛を和らげる効果もあります。


◆睡眠を充分にとる

心身共に無理をしてはいけないときなので、睡眠をたくさんとり健康的な生活を送りましょう。


◆夏野菜(冷たいもの)は食べない

夏野菜は体を冷やす作用があるとされているので、生理中は控えた方がよさそうです。体が冷えることで血行が悪くなり、生理痛が悪化する可能性があります。


◆チョコ・ナッツは食べない

実は、チョコ・ナッツ類は生理痛を強める作用があると言われています。生理痛がひどいようであればなるべく食べるのは避けた方がいいでしょう。


いかがでしたでしょうか。夏野菜には体を冷やす働きがあるようです。またチョコ・ナッツには生理痛を強める働きもあるようですね。
これからも、生理と仲良く付き合っていくために、あなたも5つのテクニックを使ってみてはいかがでしょうか。

参考文献:監修 小池ひとみ(2012)「女子のためのカラダ事典」新星出版社.



【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・「膣内洗浄」をすると生理が早く終わるって本当なの?
・海外では主流?”第三の生理用品”「月経カップ」とは?


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)