付き合って3ヶ月、3年目など3の付く時期は「倦怠期」になると言われていますね。新鮮味が無くなり、他者に刺激を求めてしまうんですね。

ですがずっと仲がいい人はもちろん多いです。そんな人はどんなことをして危機を回避しているのでしょうか?




◆ふたりでテレビを見る時間を作る

「テレビっていつも違う内容やってるし、話題になりやすいから便利!」

テレビを見る時は隣でくっついて見れるし、話題が尽きないというのはいいですよね!たまにでもいいのでその時間を作るといいでしょう♪一緒に映画を観るのもいいかもしれません!


◆まわりにラブラブアピールをしすぎない

「一回ラブラブアピールをすると意地で仲良くして疲れちゃうからやめました!」

たしかに付き合った当初はみんなに自慢したくなりますが、仲が悪くなったと言われたくないがために仲いいアピールをし続けて疲れてしまいます。感情の高ぶりを少し抑えて、落ち着いた恋愛をするのがいいかもしれません。


◆デートは常に新しい所に行く

「デートでの食事はできるだけ違うもの、違う場所で食べます。新しいものを共有すると新鮮さが無くなりませんよ!」

デートをするという感覚が無くなってしまうかもしれませんが、いつも同じ場所だったり、いつも同じ道は飽きてしまう事もあります。行き方を徒歩や車、電車などいつもと違うものにするだけでも違いますよ!


◆記念日を強制しない

「記念日はあまりうるさく言わない。2年に1回思い出してくれればいいかな(笑)」

男子は意外と記念日を忘れてしまいがちです。それを責めてしまうと男子は嫌になってしまうんですね。逆に記念日のことをあまり言わなければサプライズ精神が働いて、男子といい関係になれることがあるようです!


◆セックスはしなくても、イチャイチャは忘れない

「やっぱり性の部分は大切ですね。昔のようなことはしなくても、女らしさは忘れずに過ごしてます。」

セックスレスはお互いの関係に亀裂をいれると言われます。セックスをすることを強制しては逆効果ですが、常に美しくいることを心がけて、女子として見られるようにするといいようです。


◆さいごに

いかがでしたか?倦怠期を迎えるとどうしてもお互いの思いにすれ違いが生まれてしまいます。

これらを実践して、悪い気が流れる3の付く時期を乗り切ってみてください♪



【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・男子が「もう冷めた。」と別れを考えてしまう瞬間5つ
・記念日を大切にしてくれない彼に記念日を感付かせる方法


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)