日本の一般的な恋愛としては、好きな人ができてデートを重ね、告白をして、付き合うという流れがあります。

もちろん、キスも体の関係も付き合った後と考える人が多いでしょう。

しかし、どうやらその恋愛スタイルを貫いているのは日本人だけのようなのです。




◆「セフレ・ソフレ・オフレ・ハフレ」それぞれの恋愛について

現代では、セフレ・ソフレ・オフレ・ハフレという関係性を築く男女が増えています。
セフレは、セックスフレンド、ソフレは添い寝フレンド、オフレはお風呂フレンド、ハフレはハグフレンドです。

この言葉を使う人達が増えているということは、付き合う前にこういった特別な関係になっている男女は多いのでしょう。


◆デーティング期間とは

冒頭にもありましたが、日本の一般的な恋愛としては、お付合いに至るまでに順番というのが生じます。

しかし、欧米人の恋愛事情は日本と違っています。デーティング期間とは、「お試し期間」という意味で、恋愛に発展するかどうかを実際に見極めるための時間のことを指します。


◆デーティング期間にセックスしてもいいの?


あなたならデーティング期間中、相手とどう過ごしますか?

基本的に、デーティング期間に何をするかは本人同士で決めていくものなので、人それぞれ過ごす内容が違います。
「手は繋ぐけどキスはしない」「キスもお風呂もセックスもする」など色々な考えがあります。

大切なのは、付き合う前に相手とどう過ごしていきたいかを自分の心の中で明確にさせて行動することなのです。


◆自分の恋愛観を確立させよう


あいまいな恋愛をすることをマイナスに捉える人も多いようですが、恋愛が多様化しているのは消して悪い傾向ではないと思います。


セフレ・ソフレ・オフレ・ハフレから恋人関係になるか、そうじゃないかを決めるのは、恋愛が自由にできる時代になったからこそできることではないでしょうか。


恋愛観を確立させるには、ある程度恋愛経験を持たないと作り出せないものです。

自分の持つ恋愛の軸がぶれてしまうと、恋愛を心から楽しめなくなってしまう原因になると思うのです。

恋愛軸をぶれないようにするには、たくさん恋愛経験を積むことに尽きます。


◆さいごに


いかがでしたでしょうか。
日本でいうセフレ・ソフレ・オフレ・ハフレ関係は、欧米でいうデーティング期間にとても良く似ています。

なので、付き合っていなくても肌に触れたり、裸をみせたりする行為は決して悪いことではないのです。

その期間中に、お付合いの対象にならなければ、別の相手を探して関係を築くといった欧米人のように、日本人ももう少しラフに恋愛を楽しんでもいいのかもしれません。


【関連記事】
・ガチでキュンキュンする出会いの方法教えます!
・水着をキレイに着たい!この夏「全身脱毛」デビューしてみませんか?
・目線を合わせるだけでその気に!?男子が勘違いしてしまう女子の行動5つ
・好きな男子と友達関係で落ち着いちゃいそう!恋愛関係に持ち直すための方法5つ



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)