「お金・愛・美 ほしいものすべて手に入れる 無敵美女」の著者である【水輝ハニー】さんへのインタビュー#7のテーマは「逆プロポーズ」についてお話いただきました。

ハニーさんは、「わたしを選ばないならあなたはいらないの」という気持ちで男性を選ぶことが幸せにつながるのだと言います

「自分が本当に必要としていることって何だろう?」と考えたときに、「結婚」「子供」「家族」という答えが自然と出てくるのであれば、あなたもハニーさんを真似て行動を起こしてみてもいいかもしれません。

早速、ハニーさんの逆プロポーズ秘話をご覧ください♪


―結婚するときの様子を詳しく聞きたいです!

ハニー:わたしから旦那さんに逆プロポーズをしました。

彼は7つ下、わたしは2人の子供がいてバツイチで、このままずるずるとお付き合いをするのは良くないなと思ったので、

「わたしはあなたと結婚したいと思っている。でも、あなたが結婚しないと思っているなら別れるけどどうする!?」と聞きました。

そうしたら「する」と返事をもらったので、「じゃあ、いつにする?」と具体的に結婚の話を進めました。
3人目の子供もほしかったので、年齢的に考えてなるべく早めに結婚をしたかったのもあり、すぐに結婚式場を見にいきました(笑)。



―結婚を決めてからの段取りがとても早かったのですね!

ハニー:そうですね!婚約や結婚式を挙げるタイミングを男性だけが決めるのは変ですし、主導権は常に女性が持っていて良いと思います。

「わたしを選ばないならあなたはいらないの」という確固たる思いを持っているので、そんなわたしに旦那さんはついてきてくれました。




―結婚したいと思う女性たちにも後押しする言葉ですね!

ハニー:
女性側のニーズが結婚したい、子供を持ちたいという選択であったとき、彼が同じ思考でなかった場合は結婚をするのは難しいですよね。

自分のニーズに忠実になることで、彼に見切りをつけて新しい恋愛をした方が幸せになれるということもあるのではないでしょうか。

あとは、上手く戦略を張り巡らせて彼を陥れるという方法もありますよね…♪
女の戦略って本能でできるんですよ!自分が幸せになる方法を最初から全部知っているのです。

なので、女性たちには「わたしは幸せになる方法を知っている」と自信を持って、結婚まで突き進んでいってもらいたいです。




―幸せになれる女性はどんな人なのでしょうか?

ハニー:
セルフイメージをしっかり持つことができる女性は幸せになれます。

他の誰かと比べる必要はなく、自分は自分だけの良さを持っていることに気づくことが大切です。

あなたの良さを良いと言ってくれる男性が必ずいるので、自分のことを見てくれない男性とは悩まずバイバイしちゃいましょう。



◆まとめ

いかがでしたでしょうか。自分のニーズに正直になれば、結婚相手を選ぶときにも迷わずに進んでいけそうです。


「自分だけの良さに気づくこと」というのは、できているようで意外とできていないことだったりしますよね。

まずは、人と比べることをやめ、ハニーさんのように幸せに向かって突き進んでいきましょう。そうすれば必ず素敵な男性と巡り会えるはずです。

次の#8(最終話)の記事配信は9月1日に「女の強さとは何か」についての内容なのでお楽しみに…♪


【著者紹介】水輝ハニー
1972年生まれ。実業家。実業家一族に生まれ何不自由ない生活を送るが、19歳のときに父の事業が破綻して生活が一変。失踪した父に代わり借金返済に奔走。27歳のときにまったくの素人からの起業にもかかわらず、洋菓子店、エステサロン、セレクトショップなど、手がけた事業は軒並み成功を収める。現在は軽井沢でパートナーと3人の子どもと生活。
借金、離婚、病気を経験しながらも明るく強く生きる姿が共感をよび、ブログは月30万PVを超える。自分中心に生きることを決意し、全てを手に入れた著者の100のアドバイスが綴られている「お金・愛・美 ほしいものすべて手に入れる 無敵美女」がサンクチュアリ出版より絶賛発売中。

無敵美女 水輝ハニー公式ブログ

<インタビュー記事>
・今の旦那は理想のタイプと真逆です!<水輝ハニー インタビュー#1>
・彼氏とは別れ、現在募集中です!<水輝ハニー インタビュー#2>
・エリンギに仰天!性に大胆でいるのは自然なことよ♡<水輝ハニー インタビュー#3>
・男性が喜ぶテクニック?それはエロくなって、思いっきり楽しむこと<水輝ハニー インタビュー#4>
・遅漏は必ず改善される!引越しをして分かった感覚を磨く意味<水輝ハニー インタビュー#5>
・結婚なんてしても損!と思っていた。今、わたしが結婚をすすめる理由<水輝ハニー インタビュー#6>
・ありのままが一番!弱さを武器にした女に敵はいないの♡<水輝ハニー インタビュー#8>


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)