女子のコンプレックスで一番多いのは体型のコンプレックスだと言われていますが、なかなか人に言えない悩みを抱えている人も多くいます。その悩みのひとつが"陥没乳首"であるということです。結構悩む人が多いんです。

では陥没乳首は治すことができるのでしょうか?




◆陥没乳首によるデメリットとは?

◎雑菌が溜まりやすくなる
乳首が陥没しているとそこに汗や皮脂などが溜まってしまい、雑菌の原因になることがあります。においの原因にもなりますし、炎症などを起こす危険もあります。

◎授乳がしにくくなる
育児をするにあたっては乳児への授乳がしにくくなってしまいます。だいたい1cmほどないと吸いづらいのですが、陥没乳首や乳首が短いことで悩んでいる人が半数以上もいるんです。


◆陥没乳首になってしまう原因とは?

◎生まれつき
陥没乳首が生まれつきだという人も多くいます。ずっと陥没乳首だという人でもあまり生活に支障はないかもしれませんが、恥ずかしく感じたり、炎症の原因になったりもします。

◎きついブラを付けてしまっている
大人になってからなったという方は、きつめのブラジャーによって中に押し込まれていることが原因かもしれません。毎日のように付けるブラジャーですから乳首に負担がかからないようにしましょう。


◆セルフなら乳首吸入器が使える?

陥没乳首は病院に行き手術をするというやり方もあります。しかし、胸を手術するのは怖いですよね。もし試していないという方は乳首の吸入器を使ってみてはいかがでしょうか?

吸い出すことで乳首を矯正させ、改善へと導いてくれるかもしれません。比較的簡単に入手できますし、試してみてはいかがでしょうか?


◆さいごに

見た目の部分でも、健康的な部分でも陥没乳首は改善したいと思う女子が多いと思います。日常的に矯正したり、マッサージして改善することもあるようですね。

いろいろ自分に合ったやり方で、美胸を作っちゃいましょう♪



【関連記事】
・腕組みするとき胸をつけるorつけない?みんなしてる恋愛テク4選
・美の秘訣・バストケアしていますか?愛され”美胸”を作るためにできること5つ
・あなたの乳首、臭くない?胸のワキガ「チチガ」とは?
・お盆太りはエッチで解消!?カロリーを消費しやすいセックスってなに?


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)