生理前にお肉が食べたくなるという現象が起こる女性は意外と多いようです。
特定の食べ物を欲するというのは、不調を訴える体のサイン!
なぜ、生理前になると偏食になってしまうのでしょう?




◆鉄分が足りていない

生理血液を作り出す際、体の中から鉄分が失われ、貧血になりやすくなります。
それを防ぐために体がお肉欲している場合があります。

鉄分が足りなくなると、血行不良を招き体の冷えにもつながります。
より多くの鉄分を摂取する場合、「ほうれん草」より「鶏肉」をの方が効果的というデータもでているようです。


◆生理前のイライラが改善される

気持ちを明るくする「セロトニン」はお肉の成分である「トリプトファン」から作られます。
そのため、お肉を食べると脳内の「セロトニン」が有効になり、幸せな気分にさせてくれます。
また、「セロトニン」と同じように幸福感や高揚感をもたらす「アナンダマイド」もお肉の「アラキドン酸」という成分から作られています。
生理前で気持ちが不安定なときにお肉を食べると、2つの成分の働きによって幸福感を得られるという効果があります。
月経前症候群(PMS)の症状も緩和されて、イライラする気持ちも落ち着くようです。





◆食べたいときは食べて正解!

「お肉が食べたい!」「ケーキが食べたい!」「すっぱいものが食べたい!」と突然思うのは、栄養が足りていないと体が教えてくれているときです。
栄養不足を引き起こすことで、体が足りない成分を一生懸命補おうとするため、特定の食べ物に反応するのです。
そういうときは、「生理中だから食べすぎないようにしよう」とは思わずに、体のサインに素直に従ってあげてもいいかもしれません。
もちろん暴食は控えた方がいいですが、食べたい物は制限しすぎない方が女性ホルモンも安定し健康的でいられるはずです。


◆さいごに

突然偏食になると不安になる人も多いと思います。
しかし、体が特定の食べ物を欲しているときは我慢せずに食べて、不足した栄養を取り入れてあげた方がいいようです。

生理前はホルモンや体調の変化も激しい時期なので、なるべく健康的な生活を送っていくように心がけましょう。


【関連記事】
・生理が来ない!焦らずに先ずは試してみたい4つの対処法をチェック
・「膣内洗浄」をすると生理が早く終わるって本当なの?
・ホットスムージーで体もポカポカ♡【新発売】Smoothie PASTAを食べてみた
・まるでリゾート気分♪横浜ロイヤルパークホテルでメキシコ料理を堪能しよう



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)