今回、本物の性と生を教えるためのセミナーや個人指導を全国で行っている【夏目祭子】さんにインタビューを行い、性についての赤裸々なお悩みを解決してもらいました。

最近、皆さんは気持ちいいセックスをしていますか?
もし、違うのであれば夏目さんのアドバイスを読んで参考にしてほしいです。
早速、女性たちが抱えるお悩みの質問へ移りたいと思います。


―セックスが好きになれません。好きになるためにはどうしたらいいのでしょうか? (30歳.女性)

夏目好きになれないのは、これまでにセックスをした相手の男性が、女性の体の扱い方をよくわかっていなかったのかもしれません。
圧倒的に気持ちいいものであれば、好きになれないということはないですよね。

その場合、まず手始めに自分の体を触って、本当に気持ちいいと思うところを探してあげたらいいと思います。
そして、感じる部分をやさしく刺激して、自分の体を知っていきましょう。
そうすることで、相手に自分の体を触られたとき、今まで以上に気持ちよさを感じやすくなります。

もし、相手の触り方があまりよくない場合は、自分がお手本になって気持ちいい場所を教えてあげてもいいと思います。
「こういう風に触ってほしいな」と自分がしてもらいたいことを相手にしてあげれば相手も喜んでくれるはずです。




イク経験をしたことがないのですが、イクって大切なことなのでしょうか?(26歳.女性)

夏目:普通に気持ちよさを感じる段階と、オーガズムに達する(イク)段階は違います。
オーガズムを感じやすくなるには、体がリラックスしていることが大切です。
リラックスする方法としては、セックスのはじめにマッサージをしてもいいと思います。


マッサージをすると、オキシトシンが出て体の緊張がほぐれリラックスします。
相手にも同じようにマッサージをしてあげれば、お互いリラックス状態になれるはずです。

決してオーガズム(イク)にこだわらなくてもいいと思いますが、もしそれを目標にしているのであれば、骨盤底筋のトレーニングが必要だと思います。
骨盤底筋を鍛えていけば膣の締まりがよくなり、意識しなくても自然にイケる体へ変化していけますよ。


子供が生まれた後から、旦那に体を求められなくなってしまってとても悩んでいます。(32歳.女性)

夏目:
子供が生まれると、授乳もしないといけないので、普段からおっぱいを見せる頻度が高くなりますよね。
そういう姿を旦那さんが見ると、女性より母として見るようになり、手を出してはいけない存在として認識してしまうようです。

その場合は、奥さんが旦那さんにこまめにスキンシップをはかってあげたらいいと思います。
そうすることで旦那さんも自然とムラムラしてくると思います。

実は、セックスとそれ以外の日常生活をはっきりと分けて考え過ぎることも、セックスレスの原因になります。
だからこそ、マッサージはセックスと日常生活の間をつなぐ中間のスキンシップとして、大切にしたほうがいいコミュニケーション・テクニックなのです。

そして、最後までするというこだわりは持たないほうがいいです。
男性が女性を抱かない理由の一つに、射精にこだわり過ぎているという問題があります。
その場合、仕事が忙しくクタクタで帰ってきたとき「最後までできないから今日はやめておこう」という気持ちになり、セックスを諦めてしまうケースが多いのです。
ですが、射精を目的としない程度の軽めの触れ合いを日頃からしていれば、セックスレスにはなりません。
女性次第で旦那さんの気持ちも変わっていくものなので、これからはどんどん触っていってあげましょう。



出産してから、旦那に膣がゆるいと言われてしまいました。(30歳.女性)

夏目:
昔、私のセミナーに参加してくださった女性で産後4、5年膣がゆるい状態の方がいました。
本人はもう戻らないと思っていたみたいですが、何度か膣のトレーニングの指導をしていたら元に戻りました。
ですので、産後しばらく時間が経ってたとしても、膣のゆるみは改善できるので、気づいたときから鍛えれば正常な膣圧に戻ります。

実はフランスだと産後に専門家が「骨盤底筋エクササイズ」つまり膣のトレーニングを指導してくれます。
しかも、健康保険が適用されるので女性は負担なく膣のゆるみを改善することができます。
男女関係を大事にしている国だからこそ、制度もきちんと整っているいるのは素敵ですね。

日本の場合は自己解決しないといけないのが少しネックになりますが、骨盤底筋・膣のトレーニングはどこでも手軽にできる運動なので、負担にならない範囲で始めてみてほしいです。
そうすることで、旦那さんにも膣がゆるいと言われることもなくなると思います。


◆まとめ

いかがだったでしょうか?
性の悩みを真正面から答えてもらいとても参考になりましたよね。

もし、彼氏や旦那さんとの性生活が上手くいってなかったとしたら、今よりも少しだけ性をポジティブに受け止めてみてもいいかもしれません。
そうすることで、更に2人の関係が円満になると思いますよ♪

後半のインタビューも女性が抱く性のお悩みに答えてもらいました。
次の配信もお楽しみに♡


【著者紹介】夏目 祭子
一般社団法人「性・愛・命の学び舎」代表。
1999年、ダイエット依存症克服体験を描いた『ダイエット破り!』で作家デビュー。ダイエットをやめて自由に食べながらスリムになる、《腸脳快感アンチダイエット》メソッドを提唱、多くの医師・セラピスト・摂食障害経験者の支持を集める。
2002年より「大人が学び直す本物の性教育」活動を開始。2008年刊行の『性に秘められた超スピリチュアルパワー』が累積3万部のロングヒットセラーとなり、全国29都道府県で講演。(※現在は『なぜ性の真実セクシャルパワーは封印され続けるのか』に改題され発売中)
著書・セミナー・個人セッションを通じて、性と愛、食と体型に悩む人々のサポートを続け、膣を引き締める《骨盤底筋エナジービクス》も考案。「人生が変わった!」と多くの感動の声が寄せられている。大学・学会での発表実績、雑誌連載、メディア出演歴多数。日本性科学会、日本摂食障害学会会員。

幸せ性活&美ボディ実現コンサルタント 夏目祭子オフィシャルBlog

<セミナー案内>
10/22(日)女を上げる「見える顔」と「見えない顔」のLOVEパワー・メイクアップレッスン
11/3(金祝) 男が知らない本当の女の愛し方 ~新時代の男たちのための愛あるセクシャルコミュニケーション秘術~

<書籍一覧>
ダイエットやめたらヤセちゃった―アンチダイエット・スリミングの魔法(彩雲出版)
太らない人のヒミツ─腸で考え・脳で感じて・美力めざめる(彩雲出版)
[新装版]なぜ性の真実『セクシャルパワー』は封印され続けるのか(ヒカルランド)


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)