すごく好きな人ができてお付き合いをしても、そのまま上手くいくとは限りませんよね。中には別れてしまい破局してしまう人もいると思います。

ですが別れるからと言っても別れ方には気を付けなければなりません。今回は男子の反感を買ってしまうような別れ方を教えちゃいます。




◆理由を告げずに別れる

「理由を言わずに別れを告げられて、改善することすら許されなかったのが嫌だった。」

別れたい時には理由などもなくただ別れたいという時もありますよね。しかし男子は理由がないと納得できない人が多く、なかなか理解しがたいようです。理由はなんであれ伝えるようにするとスムーズに別れを告げられたり、恨まれたりもしないかもしれません。


◆彼氏候補を見つけてから別れる

「別れてから早い段階で付き合っていると聞いた。多分付き合っているときから関係があったと思われてイライラしましたね。(笑)」

フリーの期間は嫌ですから別れる決心をしたら次の男子を探すということもあるかもしれません。ですが男子はそれでも浮気だと思ってしまいますし、お互いの関係が悪いと思っていない時に別れを告げられ、さらに次の男までGETしていたらイラっとするようですね。






◆号泣する

「泣かれたら何も言えないよ...。」

涙は女の武器とよく言われますから、別れ話をしながらその武器を使うこともあるかもしれません。その時に男子は自分が悪いことをしていたのかもしれないと思い別れに応じてくれることが多いですが、ふとした時に「俺悪くなくないか?」と素に戻る時があります。その時に怒りがこみ上げてくることもあるのです。


◆記念日に別れを切り出す

「プレゼントやサプライズを考えていたのに別れようと言われて最低の日になった思い出があります。」

確かに素敵な一日にしようと考えていた矢先に別れ話を切り出されたら男子はいやな気持ちになりますよね(笑)

できるだけ別れ話は記念日や季節イベントの直前や直後はやめておきましょう。


◆さいごに

関係が悪くなって来たら別れることも必要ですが、別れ方を考えないと男子の反感を買い次の恋愛にいきにくくなることもあります。

別れるまで、むしろ別れる時だからこそいい人である努力が必要なようです。



【関連記事】
・離婚の原因にもなりかねない!男子が思う結婚後の”豹変妻”4パターン
・座る位置は”斜め”がベスト!気になる男子との初デートで使える「好きにさせる」テクニックとは?
・2回目に繋がらない!一度きりのデートで終わらせないためのポイント5つ
・まるでおっさんのガハハ笑いにドン引き。やってはいけない女子の”お下品”行動4つ




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)