◆恋愛が一番の美容法

恋愛するとなんとなく普段とは雰囲気や顔つきが違うと感じたことはありませんか?鋭い人ならば、もしかして彼氏ができたのではと気がつくほど、恋愛をすると女性は美しくなると感じます。女子は恋愛すると、メイクやファッションに気合が入り、ハッピーオーラが出てキレイに見えるという見方もできますが、心理学や科学でも恋をすると女性はキレイになると言われています。

恋愛すると脳内でPEAという脳内麻薬のような物質が分泌されます。まず考え方が前向きになります。毎日の生活が楽しくなったり、活動が行動的になったり、職場でも笑顔が増えていつもよりイキイキとした表情で顔がニコニコしてきます。
これだけでも女性のキレイ度はアップしますよね。さらにPEAは体を活性化して、食欲を抑える効果があります。新陳代謝がアップしてお肌が美肌になったり、痩せやすくなる効果もあるのでキレイになったよねと褒められる人もいるようです。本気で恋していれば、いつでもキレイをキープできると言われています。いくら毎日のスキンケアや、ダイエットに励んでいても、やはり脳内でPEAが分泌され続けている恋愛中の女性にはかないません。PEAはドキドキすることでも分泌されるので、誰かにときめくことが大切です。
彼氏が何年もいないとか、結婚後数年経ちドキドキ感がゼロという人には、キレイホルモンが減少している可能性があります。そんなときは、"なんちゃって恋愛"の偽装恋愛でも効果があります。芸能人やマンガの主人公などにドキドキしてもPEAはきちんと分泌されます。もちろん本当の恋愛ができれば一番です。

最近恋していないとか、ドキドキ感がない人には、恋愛以外でPEAを分泌させることを実践しましょう。実はチョコレートやワイン、チーズなどの発酵食品を摂取すると、PEAが少量含まれているので、チョコを食べたときの幸福感は恋愛中の甘い幸せと同じ事なんていわれています。チョコレート、ワイン、チーズときいて思い浮かべるのは、ヨーロッパの女性で、自然とPEAが含まれる食品を口にしているから、魅力的な女性が多く居ると言われています。





 

◆恋愛力を高める行動について

彼氏がいなくてフリーの状態でも、いいなぁと思う人が周りにいなくても、お相手は気のおけない男友達でもかまいません。そんな男友達とお茶やランチをしてみることから始めましょう。恋愛には発展しないとはいえ、男心を知るきっかけになったり、女性として扱ってもらえることで、彼氏と過ごして女性として大事にされる日々も悪くありません、そんな時には恋愛に対しても前向きになれる可能性もありますよ。

男女かまわず知り合いの顔を思い浮かべて、良いポイントを挙げていきます。難しければ、好きな男友達でもかまいません。相手の嫌なとこだけを見るのではなく、良いところとや素敵なポイントを見つけて"褒め上手"になることが恋愛を上手くすすめるポイントです。
男友達といるとつい自分が女性であるという自覚が薄れてしまい、誰も見ていないからと言ってジャージやスウェットで過ごしていませんか?普段でも寝る時でも、身だしなみにこだわってみましょう。そういった意識は、知らず知らずのうちに日常生活にも出てくるものです。

外出時には香水をつけてみましょう。香りを身にまとうことで自分自身の気持ちが変わると共に、男性からも良い香りがする女性ということで、良い女だと意識されます。毎日外出する前には香水を一振りすると効果があがります。
香りについては、女優マリリンモンローのように香水をまとって寝る、というのも特別な女性らしい気持ちになれるので効果的です。
私は、恋愛をしていなくても、日々の生活の中でお花を見てときめいたり、好きなことをして満たされている状態だったり、感動するといったときめきを感じるように心がけています。
恋愛をしていてわかりやすく出てくる効果としてよく感じるのは、肌ツヤが良く、血行が良くなることでした。好きな人に会った翌日には、体は疲れているはずなのに鏡を見たら妙に明るく映っている自分の顔に驚いたことがありました。
恋愛力を無意識に高めていた行動といえば、今まで部屋着をパジャマにしていましたが、肌触りのよいシルクのパジャマを着て眠ります。
きちんと着替えることで寝るスイッチが入り、寝やすく作られた服をまとい、身だしなみの気持ちも向上します、外出時はお気に入りの香水をまとい、つけていない時とつけている時では女性らしい気持ちに差が出るのはよく感じます。相手に与える印象にもかなり好印象になります。


◆恋愛と美容に関するまとめ

恋愛初期のみで長く続く効果ではありませんが、一時的に綺麗になりたいという意識から食欲が抑えられることで、痩せて綺麗になったと言われる女性は多いようです。
恋愛中にはエストロゲンの分泌量が増え、美容に欠かせない美容ホルモンと呼ばれる肌のハリやみずみずしさを保ち、胸を大きくしたり、ウエストにくびれを作るなどの美容に対する効果が高まると言われています。
また直接的な恋愛だけでなく心の中で、あの人は素敵と思ったり、憧れの芸能人を思うだけでも美容ホルモンの分泌が盛んになるそう。異性に対するドキドキ感が美容ホルモンの分泌に繋がるということで、恋愛中は脳内麻薬とも言われるドーパミンの分泌量が増加し、新陳代謝を上げ、身体を活性化させて免疫力を向上させるなどの効果があると言われています。

脳や神経の働きもいつもより活発になることから、仕事の効率や集中力が上がるとともに、恋愛中はイキイキできるのはこの効果だと言われています。

また交感神経の働きが活発になることで瞳孔が大きくなり目力がアップして、頬が紅潮し顔色が良くなるなんて効果もあります。オキシトシンは別名「愛情ホルモン」と言われており、恋愛中や出産、赤ちゃんの授乳時にも多く分泌されます。母親が赤ちゃんを愛しいと思う気持ちを強くすると言われるホルモンで、そのため出産後の母親のように優しい気持ちが生まれて、他人に対して心が広く社交的な女性になるという効果が期待されます。そこでホルモンの影響に便乗し、更に自分の魅力を磨くのもいいでしょうし、素敵な恋愛に発展するよう上手に利用してみて下さい。


◆さいごに

女子はを恋愛することで、外見の変化で、メイクやファッションに気合が入いって、ハッピーになることが、増えます、また外見だけでなく、内面もキレイになって、日々の生活でも、笑顔でウキウキしてきます。

心理学や科学でも、恋すると女性はキレイになると言われています美容を目指すならば恋愛で綺麗になれるようにしてください。





【関連記事】
・美魔女に聞きたい!〜いつまでも美しくいるには〜
・LINEの新機能「送信取消」、注意しなければいけない点もたくさんあった!
・全米大ヒットのディズニー新作映画「リメンバーミー」日本版予告が遂に解禁!
・#クズ男オブザイヤー2017の陰で流行した#イイ女オブザイヤー2017がすごかったw


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)