数年以上付き合っているのに、彼氏からプロポーズをされずに悩む女性がいます。仲が良く、別れの予感もしないのに、なぜ彼がプロポーズをしないのか不思議な気持ちになるかもしれません。

なぜ彼がプロポーズをしないのか、それは男性のタイプによって違います。プロポーズをしない彼の心の中と、彼のタイプ別の処方箋を紹介します。


◆しあわせにする自信がないタイプの男性


まず真面目過ぎる男性や、責任感が強すぎる男性は「女性をしあわせにする自信がない」から結婚を切り出せない可能性があります。結婚をしたくないわけでなく、結婚をした後のことを考えすぎてプロポーズができない可能性が高いです。

例えば年収の平均が450万円だという調査結果が出た時に、自分の年収が450万円以下だった場合、「自分に結婚をする資格がない」と考えてしまうタイプです。真面目なだけでなく、少しネガティブな傾向がある彼かもしれません。「450万円以上稼げたらプロポーズしよう」と考えて、一生懸命努力をしてくれているのかもしれません。しかし女性にとっては、年収が450万円以上でも、300万円程度でも特に関係ないと思うかもしれません。共働きが当たり前だと思っている女性は、特にそうでしょう。旦那が働かないのは困りますが、平均年収に届かないからといって、結婚したくないわけではないはずです。このような男性にプロポーズをさせるための処方箋は、「しあわせにして欲しい」と思うのではなく、「一緒にしあわせになりたい」と思っていることを男性に伝えるようにしましょう。男性と女性は同等で、どちらか一方がしあわせにするものではないと伝えましょう。ふたりの年収を合わせて、生活するのに十分なら結婚してもいいと思うという考えを伝えましょう。さらには「自分がしあわせにする」と宣言してしまう方法もあります。真面目でネガティブな部分がある彼氏には「私がしあわせにするから、大船に乗ったような気持ちで結婚しよう」と伝えてもいいかもしれません。特に生活力に自信がある女性におすすめです。




 

◆まだ遊んでいたいタイプの男性

「しあわせにしたいから結婚できない」と思っている男性は、女性の側から安心させてあげるような言動をとれば、ほっとしてくれる可能性が高いです。「だったら結婚してみよう」と思ってくれる可能性が高いでしょう。しかし「自分はまだ若いので、結婚は早い」と思っている男性や「もうしばらく結婚という枠に捉われたくない」と思っている男性は、少し手ごわい存在です。彼らは結婚する気はあるのですが、「まだ時期が来ていない」と思っています。しかし学生時代から付き合ってるカップルなら、男性が30歳でも10年以上付き合っていることになります。女性としては、そろそろ結婚するかどうかが気になる時期だと思います。処方箋として「彼に結婚を考えるように真剣に話してみる」ことをおすすめします。女性ほど、男性は結婚について真剣に考えていない可能性があります。何となく結婚したくなったら、その時に結婚を考えればいいと思っているかもしれません。まだ考え方がこどもな男性に、このような人がいます。ちょっと説教をするくらいの勢いで、真剣に結婚を考えるように話してみましょう。それまで結婚について真面目に考えていなかっただけで、話をしたことがきっかけで、急に結婚に興味を持ってくれるかもしれません。そして話し合いの翌日にプロポーズをしてくる可能性もあります。意外と単純で明るいタイプの男性なら、結婚に対してそれほど抵抗はないでしょう。一方で真面目過ぎるタイプの男性の場合は、この日から結婚について真剣に考え始めるでしょう。そして「しあわせにする自信があるか問題」について、考え始めるかもしれません。この場合は男性を安心させるような言葉をかけてあげましょう。すでに長い年月、結婚を先延ばししていたのですから、この時点から長い間悩まれるわけにはいきません。いずれにせよ、結婚に対して深く考えていない男性は多いものです。恋愛が長くなれば結婚するのがあたりまえだということを、彼氏に突き付けてみることが大切です。


結婚をする気がない男性

いちばん困るのが「そもそも結婚をする気がない、結婚願望の無い男性」です。このようなタイプの男性は、育ってくる過程で結婚生活に良いイメージを持っていない可能性があります。家庭環境の問題などで結婚に対してネガティブな考えを持っているため、できるだけ結婚をしない方向に物事を持っていこうとします。男性によっては「結婚はしない」とすでに決めている可能性があります。結婚と恋愛は別だと考えている可能性があります。このようなタイプの男性への処方箋としては「結婚するか別れるかを迫る」方法がいちばんです。タイムリミットを区切り、それまでに結婚か別れるかの答えを出させるようにします。考えなければならないのが、女性に結婚願望があるかということです。このタイプの彼に「白か黒か」の決断をさせると、「黒」と返事をする可能性が高いです。幸せな恋愛は、彼氏に決断を迫った時点で終わってしまう可能性が高いのです。決断を迫ったおかげで、彼氏が結婚を決意してくれる確率は5割よりも低いと考えたほうが無難です。結婚をするか別れるかの決断をする前に、自分がどうしたいかしっかりと考えてみましょう。結婚をしなくても、今と同じように楽しく恋愛が続けられればそれでいいと思えば、結婚か別れかを迫る必要はないでしょう。しかしどうしても結婚をして家庭を築きたいと思う女性は、早めに決断を迫るべきだと思います。もし彼と別れることになっても、早く「彼の結婚しない方針」に気付けて良かったと思うべきです。彼と別れればしばらくは悲しい気持ちになると思います。別れてしまったことを後悔するかもしれません。しかし別れなければ新しい男性と出会うことはできません。そして次に出会う男性とは、結婚を前提にした恋愛になるでしょう。付き合う前に男性の結婚願望について、家庭を持つことをどう考えているかを良く聞いておくと良いでしょう。そして結婚願望のある男性とだけ付き合うようにしましょう。結婚をする気がない男性と長く付き合うよりも、別れて新しい出会いを求める方が、結婚に対しての近道になるはずです。


【関連記事】
・「彼氏歴が途切れない」うらやましい女性の特徴とは?
・探ってみました!好きな女性に冷たくする男性心理とは?
・あなたは大丈夫?職場で嫌われる「嫌な女」診断法
・すぐに実践できる!不安を感じる時の対処法



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)