◆30代になって変わる体質

女性にとっては、常に美しくありたいと願うことは当然のことです。でも、20代の頃に少々無理しても、肌荒れやシミを気にすることはなかったのかもしれませんが、30代になってくると、若い時のような無理が効かなくなってきます。それは20代の頃と比べて、30代の方が身体の衰えが出てきているからだと、誰でも分かっていることです。お肌の張りも段々と失われてきますし、新陳代謝も次第に停滞していきます。このことは誰も避けることができないので仕方ありません。肌の新陳代謝のターンオーバーも遅くなってくるので、ますますお肌が苦しくなってきます。お化粧をきっちりとしている人であれば、問題はないと思っていても、帰宅してから、キチンとスキンケアをしているつもりでも、肌荒れが出てきたりと大変なことになってしまいます。そのようなことを避けるためにも、日頃の生活を見直さなければならないのです。

特にターンオーバーは、日頃の生活の乱れも大きく影響を及ぼしていきます。例えば、仕事でのストレス。これは、体内に活性酸素を溜めすぎて細胞を活性化を妨げるだけなく、身体の抵抗力さえも弱くしてしまいますので、ちょっとした疲れや雑菌にも弱くなり、免疫力の低下のために、病気だけでなく、肌荒れ等、美容面での悪影響も出てくるのです。また、食生活も同じです。昔から暴飲暴食は万病の素と呼ばれていますが、偏った栄養バランスのために、健康や美容に必要な栄養素を摂取できずに、おかしくなってしまうのです。30代の独身女性ともなると、仕事の忙しさから規則正しい食事ができなくなります。朝食抜き。昼間も簡単なお弁当。そして、夕食は居酒屋で済ませる。こんな生活を続けているだけで、もう身体は完全におかしくなってきます。美容を気遣う以前に健康を害してしまうのです。そのようなことにならないためにも常日頃からの生活リズムを保つことが大切なのです。簡単なことのように思えますが、意識をしなければ難しいことでもあります。



 

◆ストレスを溜めない生活の実践

この10数年で活性酸素の存在がかなりクローズアップされるようになりました。それは健康ブームであることも背景にあるのですが、ストレスと活性酸素の関係が分かってきたからです。ストレスが溜まれば、体内に活性酸素が蓄積されて、免疫力が低下していくこと。身体が酸化している状態なので、まさに身体が錆び付いているのです。それならば、ストレスを溜めなければいいではないかと思うことでしょう。でも、現代社会での生活は時間の流れがとても速くて、人間関係もとても良い複雑です。そうなることで、ストレスを溜めない生活を送ること自体、奇跡としか言いようがないのです。それならば、日頃の生活の中で、ストレスを解消させる技を身に付けるしかありません。

ストレス解消のためには、"身体を動かすこと"が最も最善の策であることは、多くの人が知っていることです。そうすることで、イライラ感や疲れも吹き飛んでしまうことでしょう。平日はスポーツジムに通って、休日にはランニングやウォーキング。こんな生活パターンを1日の中に組み込むことができれば、とてもラッキーです。しかし、毎日の仕事が忙しい人にとっては、中々、このようなことができません。
でも、日頃から簡単にできるストレス解消法があるのです。それは腹式呼吸法と呼ばれるものです。普段、私達は肺呼吸で生活をしています。しかし、腹式呼吸はお腹を膨らませたり、へこませることで呼吸をするのです。この呼吸法を実行することで、精神的なリラクセーションがもたらされ、気持ちもゆったりと落ち着かせることができるのです。プロのスポーツ選手も取り入れている腹式呼吸なのですが、試合本番の前に、じっくりと腹式呼吸を行うことで、極度の緊張を開放させて、とてもリラックスした状態で試合に臨むことができるのです。この呼吸法は、特別なレッスンを受ける必要もないですし、誰でも気軽にできることから、ストレス解消法として、是非、日常生活の中に取り入れて欲しい習慣です。


腹式呼吸生活で美容と健康を

腹式呼吸は、お腹を膨らませたり、へこませることで息をするのですが。順式呼吸法と逆式呼吸法があります。順式とは息を吸った時にお腹を膨らませて、吐く時にお腹がへこみます。しかし、逆式の場合は、このパターンと全く逆で息を吸う時にへこませて、吐く時に膨らませる方法です。このやり方の方が、腹式呼吸のポピュラーなやり方なのですが、慣れないうちは、意識してお腹をコントロールする必要があります。しかし、慣れてくると無意識にできるようになってきます。また、腹式呼吸をする環境として理想的なことは、部屋の灯りを薄暗くして行うことです。そちらの方が気持ちが安定して、スムーズに行うことからできます。ただ、このような環境で行っていた腹式呼吸も慣れてくると、次第にどんな場所でも実践することができるようになってきます。通勤の電車の中やバスの中でもできるようになります。時間も始めた頃は10分程度でリラクセーションを得ていたものが、慣れてきた頃には、僅か1、2分でできるようになるのです。そのために、ストレスを解消法として、手軽に行える手法として、おすすめしたいのです。逆式腹式呼吸は、腹部の筋トレ効果もあることから、ウエストを無理なく絞ることもできます。したがって、1日の始まりから帰宅時間の中で、自分の中にストレスが溜まってきたなと感じた時に、すぐに行えることができるのです。この呼吸法は、呼吸をベースにした運動にも役立てられています。ヨガ、気功、太極拳。これらの運動も腹式呼吸がベースになっています。これらの運動で共通していることは、リラクゼーション。しかも、身体を動かすことで、止めどなく汗が吹き出で来るので、新陳代謝も活発になり、ダイエット、美容にも大きな効果をもたらしてくれるのです。そうすることで、間違いなくきれいな身体と心を取り戻すことかできるのです。30代になると、身体の衰えから逃れることはできないはずですが、腹式呼吸を取り入れた人はいつまでも若々しく光っています。

 


【関連記事】
・クマにも種類がある!3つのタイプのクマ対処法
・敏感肌でピンチ!化粧品が合わなかった時にすべきこと
・ニキビ肌じゃモテない!ニキビを作らないためのポイント3つ
・メイクツールのお手入れで肌も守る!化粧品のお手入れ方法まとめ



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)