女の子はお気に入りの男子と、そうでない男子に対しての差が極端にある!と思っている男子が多いです。
合コンや飲み会、男女が集う会でも、女子のその【お気に入りと、お気に入りじゃない男子の区別】と言うのは発揮されてしまいます。
男子の中でもそういって、女子の事を区別する事があると思いますが、最近の女子は強めな気質を持っているので、男子よりも相手にはっきり分かる位の行動で示してしまうのかもしれません。

【興味がないからって、それはないんじゃない?と思ってしまう女子の行動】

♦「可愛い」とか「キレイ」とか褒めても「あなたに言われても…」的な空気を出しにくる

男子自身、女子に対しての″お愛想“という感覚でも、それらの言葉は使ったりします。ですが、当の本人は不服の顔…そういった経験は男子の中でもあると思います。
これは、合コンや飲み会の席で多いかもしれませんが、その際の男子の「可愛いね」という言葉は、愛想が多く、会話をスムーズにしたい時のためのジャブとでも言いましょうか。
その男子なりの気遣いに対して、当の女子は「あなたに褒められても…」的に顔を歪ます。
だけど、言う本人が女子のお気に入り認定の男子なら、きっと女子は満面の笑みを向けてくれる事でしょう。

♦お気に入り男子の話しか、基本的に聞かない

こちらも合コンや飲み会の席での、女子がお気に入りじゃない男子に対して、しがちな行動です。
決まった時間で、どうにかしてお気に入りの男子の目に止まるかとなると、やはり女子も無駄な時間は減らしていきたいと思っているのかもしれませんが、目の前に居る男子そっちのけで、斜め前の男子ばかりに話に行くなんて、分かっているけど失礼ですよね。
そして、その合コンが割り勘となった瞬間、そのお気に入りじゃない男子たちに目をやるのです。
「自分が女子に不人気だからって、割り勘とかなくない?」なんて言われても、女子自身も男子に対しての配慮がなかったら、奢る気も失せるという事を分かっていただきたい。

♦お気に入りの男子の会話を盛り上げる為に、気に入っていない男子をネタフリとして扱う

お気に入りの男子にあれこれ聞き出すために、「○○君はどうなの?」と会話のクッションかわりに使われてしまったりします。
女子自身も、直接的に聞いて、「あなたの事意識してます」をバレバレにアピールしたくないのでしょう。
そして、その質問に対して、ちゃんと答えると面白さがないとか、真面目的な雰囲気になってしまうのに対して、お気に入り男子に対しては、「分かる!」と共感を前面に押し出してくるのです。

♦ご飯に行こうと誘ってきても、基本的に二人でなく三人~四人が多い

相手から「ご飯行かない?」と誘ってきても、その後に続く言葉は「他にも誰か連れて来てよ」と言い出す始末。
二人でご飯に行くという意味合いの連絡ではなく、新しい男の人紹介してという思いがこもっているのです。
ですが、これは女子に限らずに、男子もしがちな行動ですよね?
ただみんな友達になろーぜ‼的なセッティング方法だったとしても、そういう事をされると嫌な気持ちになるのは当たり前の話ですよね。

♦気になる男子を知るための『間の人』扱いを受ける

女子がしがちな情報収集の方法は、他の男子からの情報が大半を握っています。
ここで、男子と女子の違いをご説明していきたいと思います。
女子が他人の恋愛に、共感したり、賛同したり、忠告したりするのは、そもそもの話、そういった類の話が大好きだからです。
他人の恋愛の動きにより、自分の恋愛に被せて見たり、同じという事に対しても安心感を持ちたい女子は、人の恋愛に首を突っ込むのが好きなのです。
その反面、男子は人の恋愛になんて、全く興味がありません。
その為、気になる女子に対しては、直接的に連絡を取り、彼女の事を知っていこうとする姿勢が感じられます。
だけど、女子は「君に興味がないんだ」と言う態度を取られるのが嫌なので、間に人を挟んでクッション代わりにするのです。
先ほども書いたように、会話でも女子はクッション方式を使いたがるのには、きっと直接的に拒否されるのが耐えられないのだと思います。

♦LINEやメールなどの文章が、素っ気ない

これは、仕方がない…と思われてしまうかもしれません。
だって、好きでない人と、好きな人との連絡の頻度や文章内容も、全てが違って当たり前なのですからね。
ですが、今回の、ラインやメールの内容が素気ないという意味は、相手が必要な時だけ連絡を催促しにくる、だけど、こっちから連絡した時は愛想がないといったところでしょう。

このように最近の女子は強めな気質の方が多いので、こういった状況を草食系男子は特に、受け入れる心は持ち合わせていないのです。
しかし、他人を不本意に傷つけないという事は、男女関わらず大切な事のように思います。
 


4bb4ccaa7b32494ef61b3487326ba4d6_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)