外食の機会が増え、美味しいお食事やお酒をいただく機会が増える年末年始。美味しい鍋料理にクリスマスケーキやおせち料理と冬は美味しいものがたくさんです。職場も休暇に入りご自宅で旅先でのんびり過ごされる方も多いと思います。お正月休みが終わり、久しぶりにスカートをはいたらきつくて苦しい!!そんな経験はありませんか?

急いでダイエットを試みるも、痩せにくい。体重が戻らない!!焦りますよね?


そもそも食欲の秋から蓄えは始まっています。春に芽生えたものが秋に収穫。食欲の秋ですよね。 秋は『収』の季節であり、冬の寒さに備えて摂取する時期です。冬の間は春に芽が出る様に、エネルギーを温存する季節です。身体の代謝も落ちてきます。これはある意味自然に従った、防衛本能なのかもしれませんね。

従って秋冬にダイエットをしても中々痩せにくい。秋冬に多少の体重増加は仕方が無いのかもしれません。しかし、やはり食べ過ぎや太り過ぎは問題です!甘いもの、揚げ物、アルコールの飲み過ぎでは、いくら蓄える冬と言っても体に悪影響です。

大丈夫、春になったら痩せるし!と言い訳しようなんて思っていませんか?だめです!付き過ぎた脂肪は春になっても落ちにくいのです!体に余分な脂肪が蓄積した状態を放置しますと、高血圧、糖尿病、動脈硬化、脂肪肝などの病を引き起こす原因にもなります。


・肥満解消について考えてみましょう。

◆脂肪太りタイプ
暴飲暴食、甘いものの食べ過ぎ、揚げ物の食べ過ぎ、お酒の飲み過ぎタイプ消化機能もオーバーヒート状態!?
中医学では『胃熱』と言い、食べても食べても食べたい!!タイプの方です。特徴は、口が渇く、口臭がある、顔が赤い、そしてなんといっても食欲旺盛!

この脂肪太りタイプの方はまず胃の熱を冷ますこと。消化の良い食事に切り替えることです。

胃の熱をとってくれる食材
白菜、パクチー、緑豆、アスパラガス、春雨など

消化を助けてくれる食材
大根、キャベツなど

◆水の代謝が悪いむくみタイプ
水の代謝を促進することと、消化機能を元気にする事です。このタイプの特徴は、身体が重だるいや口は渇くけれど飲みたくない!

水の代謝を助けてくれる食材
ハト麦、あずき、貝類など

消化機能を元気にしてくれる食材
大根、かぶ、豆類など

また、レコードダイエットもオススメです。食べた物を書き出すだけという、とても簡単なダイエットです。特に休日は朝からダラダラ食べてしまいがちなので、間食もついつい増えてしまいます。書き出す作用は食べた物を振り返るとともに、不足している食材や栄養素など振り返るきっかけにもなります。

私も書き始めたばかりは余りにも食べ過ぎていた自分に驚いて反省したので、自然に手が伸びて間食してしまうが減ってきました。併せて毎日体重計に乗る事もオススメですよ。前にも書きましたが、秋冬は少し体重が増える事は身体の防衛本能です。

気をつけているのに体重が増えてしまった。頑張っているのになかなか減らない…ということでストレスに感じないでくださいね!


肥満予防についてご説明しましたが、決して無理なダイエットはしないでくださいね。旬の食材をバランスよく食べていればそんなに太る事も、肥満を気にすることもありません。冬は蓄える季節なので、春に元気な芽が出るよう無理は禁物です。故に激しい運動は不向きですが、軽いストレッチやウォーキングをオススメします。

動物と違って人間は冬眠しませんし、冬休みが終わればいつもの日常が戻ります。冬休みの間に体力が落ちてしまうことや筋力が落ちる事がないよう、軽い運動を心がけましょう。
そして春はデトックスの季節です。春になったら冬に蓄えた物を脱ぎ捨てて、すっきりしましょう。何より元気が一番です!!!


すっきり実感サプリメント【すらり】


ダイエット2

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)