女性にとって結婚とは幼いころからの憧れであり夢です。
結婚が決まると女性は、いつにも増して穏やかになり、結婚式までの間は夢心地のような日々を送ります。大好きな人と、これからもずっと一緒に居られる。大好きな人の赤ちゃんを産めるし、家族になれるなんて夢のようですからね!

結婚は人生のターニングポイントとなるぐらいに女性にとっては大きいものなのです。男性は、自分の人生に共についてきてもらうというイメージですが、女性は今までの人生からまた変わり、第二の人生をスタートさせるのです。

でも、私たちはそんな日々をいつか当たり前に思ってしまう日が来ることでしょう。傍にいるのが当たり前、人は同じことに対して慣れていく生き物ですからしょうがないとも思います。

ですが、この人と人生を共に歩もうと誓った想いは、当たり前の中に入れてしまうものではありません。人生は当たり前のまま過ぎていくほど簡単なものじゃないですよね。神様の前で誓った約束を、今一度思い出してみたいと思います。


【病める時も健やかなる時も】


私達が人生を歩んでいくと思わぬことが起きる場合もあります。病気になってしまったり、まさか私が?まさか彼が?という風に、自分たちには他人事のように感じていた出来事に見舞われることもあります。
それに年齢を重ねていく上で、身体も不調をきたすこともあります。自分でも彼でも、世の中何が起こるか分かりませんからね。そして熟年離婚で多い離婚理由ともなっている面倒を見たくないという理由なんて、結婚当初に思うわけもないですが、結婚して何十年も経てば思う方もいます。

今日も一日彼に何もなくて良かったと思い合える毎日を送りたいと筆者は思います。一日一日が二人にとって「ありがとう」という言葉で溢れますように。


【富める時も貧しき時も】

お金の問題は血さえも汚すと言われるほど難しいものです。大きなお金ではなかったとしても、お金がある時には起こらなかったケンカも、いざなくなってしまった時には心が疲れるケンカが増えてしまいます。世の中はお金だ!という考えの方もいます。お金は必要ですが一番大事というわけではありません。
お金があればしなくていいケンカも減ると思います、でもこの誓いの言葉はきっとお金だけではなく心の豊かさをも表しているのではないかと思いました。

今あるものに感謝し、お互いがいることで心が自由になったと感じ合いたいものです。金銭面での豊かさは、心の豊かさに繋がる場合もあるだけで、その二つはイコールではない事を分かっていたいです。

心の豊かさを、有限なモノで支配されないように、形の無い愛こそが一番強く、大事にしなければならないということです。


【死が二人を分かつまで愛し合う事を誓いますか?】

神様の前で夫婦になった二人が、離れてしまう時は死ぬときです。
それまで今隣にいる人を、変わることなく敬い愛し続けること。とても難しい約束を、私たちは神様にさせられるのです。

大きな約束をさせられちゃいますよね。そして、その約束を簡単に破ってしまう人があまりに多いです。少し寂しく感じる事ではありますが、今時代じゃ珍しい話でも何でもありません。ですが、せっかくこの人と共に生きていこうと決めた相手なのに見切りをつけるなんて早いかもしれませんよ?

私達は自分たちが思っているよりも、ちゃんとその人の事を見えていないかもしれないのですから。そんな思いが少しでも残っているのなら、歩み寄る努力を、別れを意識して結婚することはないと思いますが、私達の結婚概念は、今まさに変えるべき時だと思います。





結婚式2

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)