若い頃は少々マナーが身についていなくても、その場の空気が読めていなくて失敗をしても「若いから、可愛いから…」と許してもらえますが、年齢を重ねると共にこれらのことは重要視されるようになります。マナーを知らない、またその場の空気を読めない言動や行動をする人は大人としてタブーではないでしょうか。

見た目だけキレイにしているだけで、中身が空っぽな女性は一緒にいたい、働きたいとは思ってもらえませんよね。では「感じが良い」とはどういった女性なのでしょうか。


・身だしなみがきちんとしている

ビジネスシーンにふさわしい清潔感のある身だしなみを心がけましょう。例えばメイクやヘアスタイル。
くすみのない健康的なメイクは好印象を与えますね。流行りを意識しすぎたものや派手なメイクは避けましょう。盛りすぎはNG。つけまつ毛やラメなどのメイクをしたい人は休日に楽しんではいかがでしょう。

ヘアスタイルも長い人はまとめます。仕事中に顔にかかっていたり、髪を手でいじるのも良くありませんね。ビジネスにふさわしいスタイルで!スッキリとさせましょう。あとは笑顔ではないでしょうか。いつでも明るい表情でいるとステキです。大切なことですよね!


・話し方がキレイであること

今どきの言葉はビジネスのときは使わないようにしましょう。「ぜんぜん良いですよ~!」や「~っていうか…」などです。あと、「食べれる」など「ら」が抜けている言葉も未熟な印象を与えますので気をつけましょう。

また「お話しになられる」といった二重敬語もよく聞く間違いですので気をつけましょう。正しい敬語をきちんと普段から使えるようになりたいですよね。


★ビジネスシーンで間違えやすい例をあげます。取引先の相手に対して…

「○○課長から伺っております」 これは間違いですね。
「○○から聞いております」が正解。
「△△部長がおっしゃっていました」 これもおかしいですね。
「△△が申しておりました」が正解です。

このように自分では正しく話しているつもりでも、誤った敬語や言い回しを知らない間に話していることもあります。正しい敬語を話すことができる女性になりましょう。


・聞き上手であること

相手が話しているときは話を最後まで聞くようにしたいですね。途中で割り込むことがないように…たとえ興味がない話であってもあまり面白くない内容であっても相づちを打って聞くことも大切です。


・姿勢が良いこと

疲れていてもそれを表に出さないことが大人の女性として魅力的ではないでしょうか。美しい姿勢でいると胸が開きます。きっと凛とした美しい自信のあるイメージを与えることでしょう背筋を伸ばして座り、歩くときも美しい姿勢を心がけたいですね。

・誰に対しても平等であること

職場には気の合う先輩もいれば、苦手なタイプの人もいるでしょう。時には腹が立つこともイライラすることもあるかもしれません。でも態度は変えないようにしましょう。後輩であっても、上司でも誰にでも平等に接することが大切です。態度や言葉に出したりして差をつけないようにします。


いくつか紹介しましたがいかがでしたか?いくつになっても一緒に仕事をしたい、一緒に過ごしたい!と人から思われる女性は魅力的です。美しい身だしなみや話し方は基本ですよね!

また一緒にいて相手に不快感を与えたり、場の空気を感じ取ることができない女性は幼い印象があります。ビジネスシーンだけではなく、プライベートでもいつでも正直で信頼してもらえる人柄であることも大切なのではないでしょうか。

綺麗なだけではなく、親しみがあって「感じの良い大人の女性」を目指して自分を一から見直してみてはいかがでしょう。





女子4

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)