恋のチャンスが欲しい!と思っている人は同性の味方をつけておくと良いでしょう。同性の友達がたくさんいればいるほど、恋のチャンスは増え、恋愛争奪戦を有利に切り抜けることにつながるからです。

なぜかって?
同性の友人はあなたのキューピッド役を果たしてくれるからです。
同性の友達と仲良くしておくメリットを知って、周囲の女性たちを味方に付けちゃいましょう。


☆同性と仲良くしておくと出会いが増える

まず、同性と仲良くしておくと、出会いの場が増えます。人一人が出会える人数って限られていますし、自分の生活範囲内でしか運命の人を探せないなんてつまらないですよね。
でも、同性の友人がいれば、その子の交友関係から出会いの場を広げていくことも可能なのです。

異性をお互い紹介しあったり合コンを開いたり、友人のカレ繋がりだったりといろんな出会いを期待できます。だけど、友達がいなかったら狭いコミュニティの中、自力で見つけないといけないことになるんですよ。

例えば合コン!
合コンって、相手の男性陣のスペックが高ければ高いほど、親しい仲間内でしか行わなくなります。いい男は仲間内のみで…というわけではなく、変な女を連れて行って後からトラブルになるのは嫌だからです。自分と対して仲も良くない人を連れて行って、もし何かあったら…と思うと怖くて連れてなんていけません。

紹介だって同じです。やはり自分と仲が良く、気心の知れた相手を紹介するでしょう。
このように、最初のワンステップである出会いからして、友達がいるかどうかで差がつくようになっているのです。


☆周囲の評価が異性からの印象を操作する

出会いの他にも、同性からの評価アップは異性の印象を変えることにも役立ちます。男だってそんなに馬鹿じゃありません。常に一人だったり、女性陣に嫌われていたりする女は避けようとするでしょう。

いくら男性陣と仲良くしよう!と思っても「男には愛想がいいんだ」「私たちとは仲良くする気ないみたい」みたいなことになったら、男好き認定されますし、そうでなくとも「性格悪いのかな?」「何か問題がある人なのかな?」と敬遠されるのが普通。

逆に、友達が多く、いつもワイワイやっているのを見ると「にぎやかな子だな」「性格いいんだろうな」「目線が厳しい同性にも好かれるってことはいいこなのかな」と良い方向に興味を持ってもらえます。同性の友人も「あの子いい子だよ」「お勧めだよ!」なんて言ってくれることもあるかもしれません。

持つべきものは《仲のいいお友達》ですね。


☆友人ネットワークは有用な情報入手ができる

友達がいない人が一番困るのは《情報入手》ができないことです。友達がいれば「○○さん、彼女と別れたらしいよ」「この間△△さんが告白しに行ったらしい」「好きなタイプは××らしいよ」なんて話が出ることもあるでしょう。

狙った異性が彼女と別れたら速攻アタックしたいところですが、友達がいない人は、彼女と別れたと知ったときにはすでにほかの女のアタックが進んでた!なんてこともよくある話。恋はやはりある程度の情報を集めた方が有利に進みますから、友達ネットワークは持っておきたいものですね。

カレシが欲しくて異性ばかりを見つめていると、どんどん異性は遠ざかっていきます。異性を引き寄せるためには同性の力を借りる方が楽なのです。邪険にすると、逆に邪魔をされてうまくいかなくなってしまいます。


異性を狙うならまずは同性と仲良くすること。これが恋で成功する秘訣なのかもしれませんね。急がば回れ、恋の勝者になるためには賢く立ち回らないといけませんよ。





恋人19


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)