彼氏いない歴と年齢が一致。 ずっと彼氏がほしいとは思ってきたけど、ご縁がなかった…。 何歳でも、自分さえ覚悟と決意が固まれば恋はできます。 ご縁だって、きっと引き寄せられる。 大事なのは、最初から諦めモードにならないこと! 今回は、彼氏いない歴=年齢でも焦らずに恋を楽しむコツをご紹介します。

目標に固執しすぎないこと

 

 

彼氏いない歴と年齢が一致している場合、ほぼ免疫がない状態。

つまり最初のうちは、手探りで男心を学んでいかなければいけません。

とはいえ20代後半にもなれば、みんなそれぞれ恋愛経験があったうえで、相手を選び始めるお年頃でもあります。

 

もし恋をしたなら、目標に固執しすぎないことが大切です。

たとえば今、年齢が27歳で「30歳までに結婚をする」という目標を立てるのは構いませんが、目の前の彼にしがみつぎすぎると、相手は引いてしまいます。

 

あくまでも「できたらいいなぁ」「そうなったらいいなぁ」くらいに気持ちをおさえておくと、恋の進展も早くなるかも。

 

焦らない

 

 

焦りや不安があるのは当然です。

周りが結婚ラッシュを迎える中、本当に自分はこのままでいいのか、毎日問いただしているでしょう。

しかし焦りは禁物。

焦ったところで、すぐに相手が見つかるわけではありません。

むしろ感情が不安定になっているときに出会ったとしても、マイナスなエネルギーに引き寄せられてきた男。

きっといいご縁ではありません。

 

結婚や出産への婚活に焦り始めているなら、相手を探す・落とすよりも、まずは自分の心を安定させることが大事。

「彼氏がいても、いなくても、私らしく過ごせているわ」と思うと、思わぬところで出会いがあります。

今は焦りを解消することだけに集中!

 

友達と比較しない

 

 

彼氏と付き合っている、もしくは結婚している友達と自分を比較しても、仕方がありません。

元々の性格も違うし、生まれもった役割も違います。

比較癖がついているなら、まずは直すこと。

 

結婚している友人たちも、綺麗な部分しか見せていません。

本当は家事を手伝ってくれない旦那に腹を立てる日々で、場合によっては結婚したことを後悔している人もいます。

彼氏いない歴=年齢であっても、友達とは比較しないこと。

今の自分が恋をするためには、どんな部分が必要なのかを考えてみて。

 

晩婚も視野に婚活をする

 

 

今、20代後半。

「30歳までに結婚をする」という目標を立てるのは大切ですが、少し自分を追いつめていませんか?

 

プレッシャーをかけすぎても、ストレスを感じやすくなります。

今は早急に彼氏をつくる必要がないなら、もっと自分自身に時間を与えてあげましょう。

最近は、芸能人でも50歳を過ぎて結婚する俳優さんたちが多くなってきていますよ。

 

いわゆる「晩婚」でも運命の人と出会えるなら、それだけで十分。

焦って結婚するよりも、お互いが自立した存在でいられるのが一番です。

締め切りを決めて、さらにつらい状態にならないように。

 

彼氏いない歴=年齢は、決して悲観的に捉える要素ではありません。

次々に男をつくって生活が落ち着いていない人よりは、誠実に毎日過ごしているでしょう。

諦めモードを解除して、少しずつ婚活の準備を始めてみませんか?

 

関連記事

・やったもん勝ち!美肌に見えるメイク方法♡

・運命の王子は自分で選ぶ!結婚に向いている男性の特徴

・コツコツ積み重ねる!彼氏と長続きしやすい女性が絶対にしないこと