デートとはいえ、限度があります。 何回も行うものではなく、3回目を目安にカップルになるかどうかをお互いに決めるのが一般的な流れ。 ただ、なかには3回目を過ぎても一向に告白する気配がなく、デートを楽しんでいるおバカさんな彼もいるとか。 最悪の場合、告白よりも前に手を繋いでくる男も! 今回は、デート3回目をすぎても告白してくれない彼との恋の進め方をご紹介します。

もうしばらく様子を見る

 

 

3回目のデートを過ぎても、彼が告白してこない…。

女子としては不安になりますよね。

 

今までの積み重ねがどうなるのか、そう考えるだけで不安になるのも当然です。

しかし、まだ付き合っていない以上、彼を目の前にして「どうして告白してくれないのよ!」と、いきなり怒るわけにもいきません。

彼も彼で何か考えている気配がするなら、もうしばらく様子を見てみましょう。

 

しばらくデートを重ねても動きがないなら、次の対策を考える必要があります。

時間が経つにつれて二人の関係に進展が見えてきたら、あともう少しだけ待ってあげて♡

 

「いつになったら」とさりげなく催促してみる

 

 

デートも3回目を過ぎると、お互いに気持ちがあるのは分かりきっていること。

なかなか彼が動かないなら、少しずつ催促をし始めます。

ただし「告白してよ!」とお願いするのではなく「いつになったら…ねぇ?」と、やんわりと催促をすると、より効果を発揮するでしょう。

 

いわゆる脈アリサインを大きくだしてあげることで、彼も準備を始められるのです。

彼女から好きと言われている状態であれば、失敗を恐れず告白に挑めます。

彼が草食タイプなら、優しくリードしてあげましょう。

 

フェードアウトされる前にはっきりさせる

 

 

デートを何回も重ねても告白してこない。

それはもしかしたら、彼はこのままフェードアウトするつもりでいるのかも。

デートを重ねたからこそ、彼としては相性の良さを感じられなかったのでしょう。

仕方のないことではありますが、告知もなくフェードアウトをされないように、二人で会えている間に白黒はっきりさせておきましょう。

 

どうしても彼が動かないなら、フラれるのを覚悟で告白するのもあり。

彼から正式に「ごめん」と言われた方が、黙ったままフェードアウトされるよりも次の恋に進みやすい!

 

宙ぶらりんにする人は最初から付き合う気がない

 

 

デートはするけど告白はしない。

曖昧な態度をとり続ける彼は、きっと最初から付き合う気がありません。

言わないだけで都合よく利用しているだけでしょう。

 

女性側から好意をもたられていると知りながらも、彼女にするには納得がいかない。

でもすぐには彼女を見つけられないからキープ。

そんな男性も、世の中にはいます。

あきらかに告白するつもりもなく都合よく振り回され始めているなら、こちらから丁重にお断りを。

安易に期待せず、いらなくなったご縁を手放して。

 

デート3回目を目安に、彼との関係をどうしたいのかを考えましょう。

ずっと彼を追い続けているのも疲れます。

自分の中で最終締め切りを決めて、それまでに動かなければ彼とのご縁は手放して。

 

関連記事

・運命の王子は自分で選ぶ!結婚に向いている男性の特徴

・コツコツ積み重ねる!彼氏と長続きしやすい女性が絶対にしないこと

・ゆったりまったり。彼とのカフェデートでしたいこと