プリザーブドフラワーって知っていますか?
実は筆者も最近になって知ったんですよね。知り合いにすっごく美人でオシャレな方がいらっしゃるんですが、その方がプリザーブドフラワーの写真をネットでアップしてたんです。
お話を聞いたら先生をしていらっしゃるとのことで、ちょっといろいろ質問してみました。
 
プリザーブドフラワーは生花を特殊加工して、長い間その美しさをとどめさせる技術のことなんだそう。
「え~なにそれ?美女と野獣に出てくるバラみたい!」と興味を持った筆者。
 
先生から聞いたこと以外にも、勉強してみましたのでちょっとだけご紹介。生花の美しさを長期間閉じ込めるプリザーブドフラワー、みなさんも挑戦してみませんか?

お値段はお手軽、500円程度からOK 


オシャレな趣味なのでお金がかかるのかな?と思ったら意外や意外。
スクールごとの費用以外では500円程度あれば十分出来るみたいです。
それもそのはず、だって、必要なものは花と容器だけ。
その容器も100均なんかでかわいいものを入手すればお安く済みますよね?

お花もピンキリで、好きなものを選べるため、安く済まそうと思えばいくらでも安く済ませられるのが魅力。
自分の好きなお花を使って、キレイでカワイイプリザーブドフラワーを作っちゃいましょう!

人気のお花はやっぱり定番のバラですね。
一輪でも華やかで存在感があるため、多くの人が使っています。
その他カーネーションやカスミ草などの可憐な花のほか、最近では菊などの仏花や桔梗、リンドウなどの和花を使う人も増えてきているそうです。

プリザーブドフラワーを教えてくれる教室は、継続性ではなく、イベントのような形で不定期に開催されるケースが多いです。

カルチャースクールの値段はまちまちで、協会によって変わってきますので、始める前に確認しておくと良いでしょう。
単発で開かれることが多いので、そんなに高い金額に跳ね上がることはありませんので安心してください。
私が聞いた美人な知人の教室では、材料費込みで、1テーマ2500円~3500円程度で行っているそうで、結構安いんだなと言う印象を受けました。

ブライダルコースでブーケづくり

若い女性に人気なのはこのブライダルコース。
中には新郎も一緒に来て、二人で思い出のプリザーブドフラワーを作ることも。
また、ブーケ自体も作れることから、お手製のブライダルブーケを作ったり、友人に結婚祝いで渡したいという人も急上昇中。

一生に一度の結婚式だからこそ、思いのこもったものをと気持ち、よくわかります。
手作りのブーケで、素敵な結婚式を演出しましょう。

はまったら先生の道を!資格も取りやすい趣味

プリザーブドフラワーは師範免許が取りやすいので、趣味を超えて教室を開くこともできるようになります。

一番下の資格は3級で、半年の間に3回ほど試験がありますのでそれに合格すると次のステップに進めるようになります。
その後は何度か試験を受ければどんどんステップアップしていけるようになるため、最初の半年間に頑張れば、あとはゆっくりやっていけばいいだけ!
働くキャリアウーマンでも何とかなる回数なので、興味を持ったら趣味から教える側へと転身するのもいいかもしれませんね!

一回作ったら長い間美しい姿をとどめ続け、しかもお手入れいらず。
華やかなインテリアとして、お部屋の中で輝くことでしょう。
部屋に花があるだけで、女性らしさを演出することもできますので、カレを家に呼びいれる前に作って飾っておくのもいいかもしれませんね!

お手軽にカワイイインテリアが作れちゃうプリザーブドフラワー、アナタもぜひ、始めてみませんか?



567990dee3979d4fa9a79c762cc3d6b6_s

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)