年上の異性と付き合うメリット・デメリットはそれぞれありますが、今回は年上の異性と上手にお付き合いする方法を考えてみます。 年下の貴方からすると、百戦錬磨の相手。 どこをアピールするのが効果的でしょうか・・・

年上の異性と付き合うメリット


 

 

ここでは年上の異性のターゲット年齢を5歳以上とします。

5歳離れていれば、子供の頃に見たアニメも社会情勢も違うもの。

ジェネレーションギャップが出るかどうかの微妙な年齢です。

2歳差では意見の食い違いに腹の立つことも、5歳差だと仕方ないな~と笑い話に昇華できることも。

大学生と社会人、新人と中堅とそれぞれ立っているステージが違うので、同級生と比べると

共通点は少ないものの、余計な情報に迷わされること無く相手の本質を見つけやすい年齢差かも知れません。

 

年上の異性を素直に尊敬できる


 

 

年が近いと少し照れのある事も相手が年上だと、知らない事を堂々と知らないと言えます。

無理に背伸びをする必要が無いですし、甘えたい時も素直に甘えやすいので自分の意見を言いやすいです。

中には頑固一徹で、「年上の言う事を聞いて居れば良い」と年下の貴方に見栄を切って来る異性も居るでしょう。

それも貴方が「頼り甲斐がある」とか、「虚勢を張ってカワイイ」と思えれば年上の異性とお付き合いするのに向いていますよ♪

 

年下といつも付き合う人は自分を認めて欲しい人が多い?


 

 

相手より優位に立ちたいと、年下の異性を敢えて選ぶ人は少なくないです。

おだててくれない後輩と飲みに行ってもつまらないですからね…

自分に堂々と意見をしてくる同世代や年上より、

常に自分を認めて褒めてアゲてくれる年下のかわいらしい異性を心の拠り所としている人は多いです。

それでも、調子に乗って来る人にはたまにはビシッと締めないと

何でも許してくれる人になってしまうので、手綱はしっかり握っていて下さいね。

 

いつの時代もギャップにトキめくもの


 

 

貴方が年上の異性とのお付き合いを真剣に考えているなら、

見た目のか弱さと同時に芯の強さも併せ持っておいて下さい。

お付き合いをするだけの相手なら、か弱くて甘え上手なだけで十分ですが、

それ以降のお付き合いも考えているなら生涯を共にする相手には、

性別問わず芯は強くあって欲しいものです。

言葉や態度が強いのではなく、芯をしっかり持っている人。

いつもニコニコと相槌を打ってくれるけれど、意見を求められたら自分の意見を言える人。

そこにオプションで料理や洗濯の手際が良いが付くとポイントが上がりますよ☆

 

年上の異性とのデート


 

 

年上の異性から見ると、自分より若い貴方は何もかも新鮮で美しく見えるのです。

お化粧やファッションは少し引き算して、今日の自分は少しダサいかも…位で丁度良いのです。

街を歩く2人が鏡に映った姿を見て、アンバランスさを感じさせない様に気配りしてあげるのも、ファッションに敏感な貴方が出来る気遣いです。

オシャレな年上の異性には、コーディネイトをお願いして新しい服をおねだりしてみるのも良いかも♪

 

 

年上のパートナーとは色々な事を教え合える間柄でもあります。

褒めて甘えてお互いがそれぞれの分野で、ブラッシュアップできる関係になれると良いですね♪

 

関連記事

・これってもしかして危険!?彼が見せる9つの別れのサイン

・遠距離恋愛しながら女子力を更にUP!恋も仕事も成功させたい♡

・「たまらなく可愛い...!」男性が心奪われる、愛され彼女のデート中の行動って?♡