30代になると、もう若いころのように無鉄砲な恋愛はできず、おのずと結婚を意識して躊躇してしまいますよね。相手がいる方でも、本当にこの人でいいのだろうかと考えることもあるのではないでしょうか。幸せな結婚をするためには、どういった恋愛観が必要なのでしょうか。30代女性のライフスタイルに合わせて、飾らない姿でアタックするのが大切なようでした。詳しく見ていってみましょう。

結婚したい!


 

出典: peach100/stock.adobe.com

 

結婚適齢期って、何歳だと思いますか?

小さいころは、25歳くらいには結婚して、子どももいるかな…なんて思い描いていた方も多いのではないでしょうか。しかし、気付いたら25歳。

結婚の「け」の字も思い浮かばないような20代半ばを過ごした方もいたことでしょう。

女性の社会進出が進み、女性も会社勤めする機会が増えてきたことで、仕事が基盤にのってくる20代半ばは結婚よりも仕事を優先してしまう女性もたくさんいることでしょう。

 

しかし、仕事もある程度落ち着き、それなりの地位についたとき、気付けば30歳を超えていた…という現象は、現代のあるあるなのではないでしょうか。

 

30歳を超えてからの結婚は、今の時代では普通のことになりつつありますが、子どもを産むとなると身体的なタイムリミットが付きまとってしまう女性の性(さが)。

30歳を超えるとなるべく早く結婚したいと思ってしまいますよね。

だから、付き合う男の人は結婚を意識して選んでしまうし、恋人選びの条件も若いときとは違ってきますよね。

幸せなライフスタイルを送る30代女性の恋愛観とはいったいどんなものなのでしょうか。

幸せな結婚をして、素敵な人生を送るヒントを、覗いてみましょう!

 

理想の男性像が変わる


 

出典: kei907/stock.adobe.com

 

20代の頃は、理想のタイプを挙げだすときりがないほどではありませんでしたか?

「高身長・高学歴・高収入」とは女性の理想の男性像を端的に表した言葉と言われていますが、実際には、イケメンで優しくて、怒らなくて浮気をしない。話もうなずきながら聞いてくれて、ほったらかしにしない…など恋愛に夢見る若い女の子ならではの理想を掲げていたように思います。

 

しかし、30代になったなら、夢見る夢子のままではいられませんよね。

社会を知り、恋愛の酸いも甘いもそれなりに経験してきた30代女性だからこそ、高い理想は捨ててしまいましょう。

トキメキがあって、燃えるような恋に憧れている20代から、落ち着きの30代へのシフトチェンジが必要です。

結婚を見据えるとなると、その先に見据えたいものは、ドキドキやハラハラなものではなく、安泰の家庭。

恋人選びには、一緒にいて安心できる人や落ち着く人、イライラしていてもその人に会えばなぜか安堵してしまうような人を見つけるのがいいです。

 

20代の頃惹かれていた人とは全く違うタイプの人に、自然とシフトチェンジしていくようですが、結婚を意識するならば、自分の身の丈に合っている人や自分にとって本当に必要な人を選ぶことがなによりも大切です。

 

自立した女性へ


 

出典: naka/stock.adobe.com

 

30代女性の素晴らしいところといえば、社会経験があり、人を気遣ったり思いやることに長けていること。

そして、自分をしっかりと持っていること。

それは大きな武器なのです。

 

結婚したいからと言って、普段の自分と違う風に見せてしまうのはマイナスです。

いくら結婚したいからといっても、あなたの中で恋愛が全てではないはずです。

自分の好きなこと、やりたいこと、仕事、大切にしたいことなどを確立して自分の足で立って生きている女性は、男性から見ても魅力的なんです。

 

男性にべたべたしすぎたり、かまってちゃんになってしまったり、仕事が波に乗っている同年代の男性にとってそういった女性はお荷物です。

お互いが自立して、高め合える関係を築いていけるのが、大人の恋愛のよいところですよね。

 

 

いかがでしたでしょうか。

30代の恋愛は、今まで過ごしてきた人生に誇りをもって、そのままの自分でぶつかることが大切なようでした。

あなたの運命の相手は、すぐ近くにいるかもしれませんよ。

 

関連記事

・少女漫画のヒロインになれる♡理想の彼氏といわれる韓国人男性の特徴や恋愛観は?

・きっと大丈夫。不器用でも仕事と恋を両立する方法

・失恋をバネにキレイになる!次に出会う人こそ、貴女の王子様。