料理などで胃袋を掴むなど今までの愛され女子のポイントではもう古いです。 既に、一般的になっている方法では多少の効果はあるにしても、既に男性も知っている方法ではばれてしまいやすいです。 今回は、意外に知られていない、もしくは気づきにくい愛され女子のポイントをご紹介していきます。 この方法を実践してみて、愛され女子に近づいてみませんか。

少し隙をつくってみる


 

Nina Buday/Shutterstock.com

 

 

服装にしても普段の行動にしても、完璧すぎる女子は話しかけづらかったり、絡みづらいですよね。

気合を入れてきっちり全身ブランド服で身を包んでいるなど、なんでも器用にこなしすぎる場合って、お高くとまっていると思われがちです。

逆に、普段しっかりしている女子の抜け感がある瞬間って、親近感が湧くなどの柔らかい印象に見えやすいんです。

いつも隙がありすぎると、ちゃんとしている女子感がなくなるだけでなく、軽く見られがちですが、しっかりしつつもある程度の隙を作ることで好感度も上がりやすいですよ。

わざとらしい隙では計算高く見えてしまうのであくまでもごく自然に、少しの隙を見せることがとても大切なポイントです。

 

彼の好みに左右されすぎない!


puhhha/Shutterstock.com

 

好きな人や、彼氏の好みを知ったとき、どうしますか?

大好きな彼の好みに少しでも近づけるよう見た目や性格まで影響されていませんか。

 

恋する女子なら、彼の好みの通りに髪型やメイク、服装まで、変えてみようかなと思ってしまいがちですが、本当に愛され女子のポイントは彼の好みに左右されすぎないことです。

もちろん、彼の好みを知ることや、把握しておくことは大切ですが肝心の自分らしさはぶれないようにすることがポイントです。

 

ある程度、彼の好みに合わせることは彼も喜んでくれるかもしれませんが、やりすぎてしまうと自分が無い、何でも言う通りにしてくれると勘違いされてしまう可能性が非常に高くなります。

ある程度、お互いに平等に付き合う、ちゃんとありのままの自分を愛してもらうために自分らしさの部分を見失わないことです。

 

聞き上手になりすぎない


Roman Samborskyi/Shutterstock.com

 

 

モテる女子と言えば聞き上手と思われがちですが、聞き上手のみに徹してしまうとだんだん彼ばかりが話をする状況になってしまいお互いに辛くなってしまうなど、つまらないと思われてしまいがちです。

彼が話したそうにしている時はもちろん、相槌を打ってしっかりと聞き上手になることは愛され女子の大切なポイントですが、そればかりではNGです。

 

たまには、こちらから話を振ってお互いに楽しい会話のラリーをすることが愛され女子になるポイントです。

また、感謝の気持ちを忘れないということはとても大事なことで、彼だけでなく友人、上司、家族どの間柄でも、どんな小さなことでもありがとうの言葉を欠かさず相手に伝えることで、異性だけでなく同性からも愛され女子になる素敵なポイントです。

 

 

いかがでしたか?

女性が男性のお世話をするなどといった、下手にでていく時代は終わっています。

彼と対等かつ、隙をあえてつくってみたり、自分らしさをなくさず愛され女子になって離したくないと思わせてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・これが男の本音!?独身生活を謳歌してる女性に魅かれる理由3つ

・カップルコーデも出来ちゃう♡GUのパジャマが大人気!

・「理想の相手に出会いたい!」婚活を始める前に知っておいたほうがいいこと2つ