気になる年下男子がいるのに、年齢のことを考えて半ば諦めかけていませんか? 実はちょっとしたことでその年下男子の心をつかめるかも♡ 今回は、年上ということを活かす考え方や、逆に気をつけたいことを挙げてみました。 今すぐにできることばかりなので、早速一緒にチェックしていきましょう!

対等に接する


 

elwynn/Shutterstock.com

年下だから、後輩だから、と思って話をしようとすると相手は肩身の狭い思いをして恋愛対象にはならないかも。

 

とても大事なのは話を聞くこと。女性も男性も話を聞いてくれると誰でも嬉しいはずです。

その話に興味を持って相槌をうったり、逆に質問してみたりしてください。

 

話も弾んで年下男子もあなたに興味を持ってくれるかも。

“話を聞く”ということができた次は、自分の話もしてみましょう。

 

色々なことを話すようになると、相手も「自分は信頼されている」という気持ちになってどんどんあなたに惹かれていくはずです♡

 

自分を“おばさん”と思わない


violetblue/Shutterstock.com

「もうおばさんだから」「若いっていいなぁ」このような言葉を聞くと悲しくなります。

 

“おばさん”の定義とはなんでしょうか?

もちろん、これと決まっているわけではありません。

 

しかし、自分が自分のことをおばさんと言ったら、その時にきっとおばさんになってしまうのではないでしょうか?

年齢が離れれば離れるほど話が合わないことも出てくるかもしれませんが、年齢を自虐的に話すのはやめましょう。

 

気を張りすぎない


StudioByTheSea/Shutterstock.com

年上女子の魅力は落ち着いていてしっかりしたところ。

でも、それで気を張っているとただ頼りになる人になってしまい、年下男子の心はつかめません。

 

「隙の無い人はモテない」と聞いたことはありませんか?

何でも自分一人で完璧にこなせてしまう…女子からは憧れられるかもしれません。

 

しかし男子はやはり、自分が守ってあげたい、頼りにされたいと思うものです。

時には隙を見せて甘えるのもいいことですよ!

 

世話をしすぎない


Andrey_Popov/Shutterstock.com

年上女子が1番気をつけたいのは、ママにならないこと。

炊事に掃除に洗濯…尽くすあまりにいつの間にかママのように見られてしまうという悲劇的なことは避けたいもの。

 

・生活のことについて口うるさくする

・説教くさくなる

・何でもやってあげてしまう

 

母性があるのはとても良いことですが、ほどほどにしましょう。

 

彼が忙しい時や風邪をひいてしまった時など、ここぞという時にその母性を発揮すると「こんな人と結婚したいな」とまで思ってもらえるかも♡

 

尊敬する


Atstock Productions/Shutterstock.com

基本的に男子はプライドが高いと言われています。

人に認められたいという思いが少なからずあるもの。

 

その点では年上ということは逆に効果的になります!

同世代や年下に尊敬されるより、年上に尊敬されるほうが嬉しいですよね。

 

何かいいところを見つけたら褒めてあげると、きっと素直に喜べると思います。

男子を立ててあげる大人の余裕も身につけたいですね。

 

見られている意識を持つ


violetblue/Shutterstock.com

最後に大事なのは人の目を気にすること。

これは、気にしておどおどするということではありません。

 

普段の態度から、自然と恋愛対象から外されてしまう恐れをなくすためです。

人前に立つ時でなくても、自分が美しくいることを心がけましょう。

 

・最低限のメイクはしっかりする

・ヘアスタイルを決める

・綺麗な服を着る

・言葉遣いに気をつける

・女性らしい所作を意識する

 

これらのことに気をつけましょう。

女性らしい所作というのも、特別なことはありません。

 

目上の人と一緒にいる時のようなイメージで、両手で物を持ったり、足を揃えて座ったりということです。

これをすることで自然と美しく色気も出て見えるので試してみてください♡

 

 

年下男子の心をつかむ6つの考え方、いかがでしたでしょうか?

意外と簡単で単純なことばかりでしたよね!

この6つの考え方ができるようになると、きっと年下男子の心を鷲づかみにできますよ♡

 

関連記事

・今流行りのワイドパンツはNG?今男性ウケするのはこのファッション

・自他共に認める「愛され女性」を目指そう♡異性から素敵な女性だと思われるメソッドはこれ!

・狙い目です♡バツイチアラフォー男子が狙い目の理由とは