恋愛観の違いは男女ではよく見受けられますが、年代によっても全然違うって知っていましたか? 恋愛に対しての姿勢や相手に求める要素など、恋愛観は人によって変わりますが大まかに年代でも分けられることができるんです。 今回は代表的な20代と40代の恋愛観の違いをご紹介していきます。 上司や先輩、後輩などと恋愛トークをしても何故か会話がかみ合わないという方、必見です。

そもそも20代と40代では相手に求める要素が違う


Rawpixel.com/Shutterstock.com

20代と40代では生きてきた年数が一回り以上違うので、積んできた経験値も異なります。

そのため、相手に求める要素が全く違ってきます。

そもそも相手に求める要素というのは、もともと自分自身がここだけは譲れないというポイントがあるかと思いますが、それ以外の求めるポイントは失敗してきた恋愛などの経験を基に付加されていくことがほとんどと言われています。

そのため、20代と40代では相手に求める要素自体が異なってくるのです。

 

20代は求める要素がとにかく多くなりがち


Antonio Guillem/Shutterstock.com

だいたい恋愛観というのは、10代のころは見た目や個性、強さといった相手の内側の部分ではなく外側の部分を求めがちです。

その10代を経ての20代は、相手の外側の部分だけでなく内側も求め始めてきます。

 

特に20代というのは、結婚を意識したり社会に出たりして、未来に対する不安というものがでてくる年代です。

そのため、経済力や仕事ができるかどうか、社会的な地位など外側中心の若いころに比べて、少し内側を重視し始めていきます。

悩みを聞いてくれる優しさや気配りのできるといった要素を求める恋愛観を持つ人々が増えていきます。

 

40代は包容力重視の傾向


Tatevosian Yana/Shutterstock.com

40代の恋愛観は、まず包容力に重点を置く場合が多くなってきます。

社会にずっと出ている40代は中堅クラス以上の社会的地位についていることが多く、若いころに比べて自分自身でも衰えを感じている年代です。

そのため、若いころのように相手に多くを求めないようになっていきます。

近年では40代では結婚したくない人々が増えているために、温かく包み込んでくれるような包容力を相手に求める場合が多いようです。

 

自分自身が社会的地位を獲得している場合や、管理職などのある程度のポジションについている場合が多いので、20代のように経済力や社会的地位を求めることは少なくなり、相手の持っている経済力や地位などのアクセサリーを取り外して内側重視の傾向にあります。

様々な恋愛経験や社会経験を得ている年代なので、恋愛に対して損得で考えず、ただまっすぐに恋愛を楽しむ人も多いそうですよ。

 

 

いかがでしたか?

今回は代表的な20代と40代の恋愛観の違いをご紹介していきましたが、様々な経験を経て恋愛観は作り上げていくものです。

女の子から女性になっていくにつれて、外側から内側重視の恋愛観になっていくのは納得ですよね。

ちなみに、男性は40代の方が女性に対する外側、内側の基準が高いと言われているそうです。

今のご自身の恋愛観を見直してみるチャンスなので、一度振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

・オンナはここから!モテる「大人の女性」の魅力・5つの方法♡

・こんなところも愛おしい...♡男子が好きな彼女のふとした仕草5つ

・異性から魅力的に見える仕草はコレ♡雰囲気美人を目指そう!