一緒にデートはするけど、彼氏ではない。 でも彼氏になる可能性も0ではない。そんな男性のことをウィル彼と呼ぶそう。 今まで長く付き合った彼と別れた後だったり、恋愛で負った傷を癒しきれなかったりと、それぞれ考えたうえで、好きな人をウィル彼止まりにさせておくこともあるとか。 今回は、ウィル彼をつくるメリットをご紹介します。

ウィル彼って?

 

 

ウィル彼は、友達以上恋人未満の存在。完全に異性の友達と割り切っているわけではなく、定期的にデートをする関係。

 

でも、あくまでも恋人ではなく、私以上に好きな人ができたら、どうぞそちらへ行ってください、というどこか余裕をもたせながら、彼の様子を見ている状態を最近では、「ウィル彼」と表現するようです。

 

ウィル彼は、男友達よりももっと恋人に近い存在。ただ、彼氏ではないため、彼がどんなに他の女性と遊んでいても、それを止める権限もまったくない状態。 あえて自由に過ごすことで、彼の本性を見抜けるという最大のメリットがあります。

 

複数の恋を同時進行できる

 

 

ウィル彼のメリットとしては、複数の恋を同時進行できることです。 特定の恋人をつくらないというわけではなく、最終的なパートナーを選ぶ段階で、複数の人とデートをすることによって「この人は無理」「この人とならいやすい」と自分の中で基準が定まります。

 

一人一人と本気でデートをしていたら、いくつ身体があっても足りません。また誰か一人とでも深い仲になれば、他の人との差ができてしまい、冷静な判断がつかなくなります。

 

ウィル彼が3人いるなら、3人のよさがあり、デメリットもあるでしょう。 すべてを総合的に判断したうえで、次の恋に進めるというのは、なかなか賢い方法かも。

 

好きなタイミングでウィル彼から本命に昇格させられる

 

 

「この人は男友達」と決めつけながら過ごしているうちに、彼に恋をしちゃうのはよくある話。しかし「あなたは友達だから」と言われている以上、彼は自分からは動けません。

 

でも、ウィル彼という認識でデートをしていれば、彼が他の女性へと移り変わらない限り、自分の好きなタイミングで本命に昇格できるんです。 かなり女王様的な素質があるかもしれませんが、それくらい強気でいかなければ、相性ぴったりのパートナーは見つけられないはず。

 

定期的にデートしているうちに「この人と一緒に深い時間を過ごしたい」と、ふとしたタイミングで感じる可能性もあります。最初から「友達」と決めつけず、友達以上恋人未満くらいまで関係を進めてもいいのでは?

 

 

新しい恋に進みたいと思っても、準備期間がほしいと考える人もいるでしょう。 まさにそんな女子には、ウィル彼がおすすめ。 あえて恋人未満の状態を長く続けることで、彼が本気なのかどうかを試すこともできます。ウィル彼のご検討をぜひ♡

 

関連記事

・ほどよい距離が理想的。ウィル彼をつくるメリット

・ほどよい距離が理想的。ウィル彼をつくるメリット

・ほどよい距離が理想的。ウィル彼をつくるメリット