男性はプライドの塊!そう思っている女性陣が多い中、その男のプライドを容易く折ってしまう女性が多いのは七不思議のひとつでもあります。女性は良く言葉にする「男なんだから!」とか「男ってのは…」など、男という言葉に敏感反応しているのは、基本的に女子の方が大きいと思います。ですが、女子はいかんせん、言葉がキツイ…そう思っている男性諸君も多いと思います。

殴る・蹴るといった目に見える暴力は、男と言うイメージが強い分、言葉などの精神的な暴力が感じられるのは、女性の方が多い気がします。暴力は、何にせよ、いけない事!という認識は、男性自身も頭にあると思います。ですが、言葉の暴力は、法で裁くも何も、本人はさほど重い気持ちで言っているわけではない!という部分が、厄介な問題だと思いました。口べたな男性陣が多い中、口達者な女性陣が力を増す。

今回は、好きな人のプライド、もしかして女性自身で折っちゃっているかも?と言うお話をしてきたいと思います!



【男性が女性に言われたくない!言葉や行動】

嫌な事、と言うよりは、「こんな風に言われたり、されたりしたら、もう心が疲れちゃう…」というような場合を集めてみました。

不景気を心身感じているのは男!そんな夫に対して「今月、給料これだけ?」はNG
共働きでも、専業主婦でも、一家の大黒柱は旦那さんです。家族のために外で一生懸命仕事をしてきているのは、旦那さんなのです。自分の行動が全部利益に繋がるなんて、一握りの人間なのです。そんな社会に毎日毎日向かっていく旦那さんに対して、「え?給料これだけなの?」なんて言葉は口が裂けても言うべき事ではありません!
今月厳しい…と思っても、そこは置いといて。まずは、一カ月お疲れ様でした!ありがとう!と言う気持ちを伝えるべきなのです。最近では、夫婦で共働きが増えています。そして、中には旦那さんよりも奥さんの方が、給料が上だという家庭もあると思います。だからと言って、言っていい!という言葉はありません。
例え、旦那さんの方が給料が少なかったとしても、大黒柱は旦那さんだという意識が、男をもっとキラキラさせる言葉なのです。

 

♦「たまには…」とか「少しくらい…」を会話の初めに付けられるのと、付けないのでは大きな差!
「たまにはさぁ」と言われて、物事を頼まれるのと、何も言わずに「これお願いできる?」というのとでは、大きな差がありますよね。きっと、女性側も、頼みごとをするというスタンスではなく、して当たり前と男性自身思ってほしいという気持ちが働いているようにも感じます。女性は特に「分かって欲しい」と言う願望が強いため、頼みごとをする前に分かって欲しいと言うエスパー男子をのぞむのでしょう!

 

「何でそんな事出来るの?」「何でそんな風に思えたの?」って言葉は、人格否定ですか?
女性が思わず言ってしまいがちな言葉で多いのが、人格否定?ともとれるような言い回しが多いです。女性自身、彼は一体何をどう考えているのか?と言う思いで発している言葉かもしれませんが、男性からすると「そんな風に思ったから!」と強気で言えないのは、女性の「あなたの考え、おかしいんじゃないの?」と言われているようで、その後の言葉が出てこなくなってしまいます。

 


《まとめ》

男性からしたら、「まだまだ、こんなもんじゃない!!」と言われるほど、女性の言葉に対して心を疲れさせているようです。なので、女性からしても男性の言葉や行動に心を疲れさせている場合もあります。物事の不満などは、一方だけが悪いという事はありません!
だから、あまり口にしない男性と、思ったことをそのまま言葉にする女子は、相手に対して伝える方法が異なるため、こういった問題が発生してしまうのだと感じます。ですが、女性は男性よりも、プライドと言う面では、かなり柔軟に出来ています。女になり、母親になる、こういった変化を女性自身体と心で感じ取っているからでしょう!

さて、男性はどうでしょうか?
男性は、結婚をして、子供が出来、変化していくと言うよりは、男という存在を大きくしていく事しか出来ません。より、厚みのある男になる事で、家族を守っていく盾となってくれるのです。変化変容できる女性と、装備を強化していく男性では、根本的に違うのでしょうね。そんな、男性の装備を、彼女や奥さんがメッキにする意味はないのです。そうすることで、お互いが不利益になるという事を、自覚して欲しいと思いました。

そして、言葉は冷たいものでなくても、言い方が愛想のないものでも、同じことです。言い方一つで、心は浮き沈むということは、男性、女性に関わらずに、人として大切にしていくべき事なのでしょう。もっと、もっと、大好きな彼が、今よりもより一層輝いて欲しいのなら、愛と感謝の気持ちは、ちゃんと言葉で伝えていきましょう。
その為の会話という、私達人間だけに許されたツールがあるのですから!






PAK86_jyoseibunnaguru20140321-thumb-1000xauto-17090



(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)