欲しいもの、行きたいところ、味わいたいスイーツ。やりたいことがいっぱいのアラサー女子は、どうしてもお金の管理が苦手になりがち。「やっと貯まった!」と思ったら、海外旅行の費用に使いスッカラカンになってしまったり……。

でもそろそろ結婚を意識しだすアラサー女子にとって、貯蓄なしはさすがに考えもの。男性側の意見としても「貯蓄のない女性は、結婚を考えられない」という手痛い意見もあるほど。

素敵な男性を見つけるためには、エステなどで美貌を磨くよりも、ある程度の貯蓄をして賢い女性に見せる方が有効かも……。

今回は、アラサー女子が行うべき貯蓄の3つのポイントをご紹介します。幸せな未来のためにも一念発起して、今すぐにでも貯蓄をはじめましょう!

【貯蓄の前に支出を把握】

お金が貯められない人の共通点は、自分の支出を把握していないというところにあります。まずは1ヶ月分のレシートを集め、どんなものに、いくら使ったかという流れを把握しましょう。コンビニでのお菓子のついで買いや、雑貨屋での衝動買いなど、自分の行動を把握することで無駄な支出がみえてきます。削るべき点をしっかりと把握して、本来は支払う必要のない無駄な支出は貯蓄にまわすようにしましょう。

1.手取り収入の20%を貯蓄しよう

アラサー女子の基本的な貯蓄額の目安は、一人暮らしの方で手取り金額の10%、実家暮らしの方で20%といわれています。ただし、アラサーで貯蓄額が100万円以下である場合は、早急に1万円でも多く貯めたいところ。そのためには、多少無理をしても一人暮らし・実家暮らしともに手取り金額の20%の貯蓄を目標に設定しましょう。もうひとふんばり頑張れるという方は、高い割合で貯蓄できるように頑張ってみて!

2.3つの口座を準備しましょう

生活費・趣味・貯蓄、この3つの口座を準備しましょう。1つの口座ですべてを管理しようとすると、支出・残金・貯蓄が把握しづらく、また貯蓄との境目がなくなることで「今月ピンチだから貯蓄分から支払っちゃえ〜」と、手を出しやすくなります。
そのため生活費・趣味・貯蓄をわけて、それぞれの金額を目に見える形でしっかりと把握するようにしましょう。こうすることで、「今月はあとこれだけ使っても大丈夫」「残りわずかだから、この服は我慢しよう」など、自然と頭で1ヶ月分の支出を計算できるようになります。また貯蓄専用の口座を作ることで、頑張って貯めたお金に手を出す罪悪感も生まれます。

3.ルール:貯蓄には絶対に手を出さない

海外旅行の計画や、憧れのブランドの靴……。もし欲しいと思っても、貯蓄から切り崩すのは絶対にやめましょう。1度それをおこなってしまうと、次も、次も、となり結局貯まらないという悪循環に陥ります。
旅行や大きな買い物などの予定を立てたい場合、貯蓄額5万円だとして、半分の2万5千円をそちらに回してOKなので、新たに口座をつくり、そちらに目的のお金として別途貯めていくようにしましょう。貯蓄額の変動があったとしても、“貯蓄用のお金からは絶対に引き出さない”をルールにして、徹底的に守っていきましょう。

【家計簿をしっかりとつける】

毎月の貯蓄額も決まり、それぞれの金額を口座にわけたからといって油断は禁物。しっかりと日々の支出を把握できるように家計簿をつけましょう。現在はスマートフォンのアプリで手軽に入力、グラフ作成までできるものもあるので、活用していきましょう。

人間はお金と一生付き合っていきます。慣れないうちは大変かもしれませんが、家計簿をしっかりとつけ、お金の流れを管理・把握し、“自分のお金を理解する“という知識は、今後の人生において大きな財産になります。もう少しここにお金を使いたい、ここを減らそう、など家計簿で気付いた点は自分なりにどんどん工夫していきましょう!

アラサー女子が貯蓄をするうえで大切なのは、「無駄遣いはしない」という点です。人生で1番楽しい位置にいるアラサー、楽しめるときにすべてを切り詰めすぎるのはNG。遊ぶときには遊ぶ、オシャレにこだわるときはこだわる、でも不要なものにお金は払わない=無駄遣いはしない。そこを徹底して、お金の使い方にもメリハリをつけていきましょう。そうすることで、プライベートも恋愛も、そして貯蓄もうまくいくはずです♪

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

dd898e1897a9334c4163c981a98b08fa_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)