あの人のことが忘れられない・・・
そんな思いにとらわれている女性は少なくありません。

でもちょっと待って。
その思いが今のあなたを邪魔しているかもしれませんよ。

過去の思い出ってなんだかキラキラしていてとっても美しく感じますよね。
特に恋の思い出なんか余計に美しく保存されがち。
でもね、それってたいていの場合、美化されているだけなんです。

別れた相手に少しでも未練があると、良い思い出ばかりがクローズアップされ、楽しかったな、幸せだったあの頃に戻りたいな、と未練を増幅させることになりがち。
その半面、彼の嫌だった面や、好ましくなかった行動は、思い出の奥底にしまい込まれてしまい、記憶に出てきにくくなり、結果、あたかも【彼が最高の男性だった】【彼以上の男性はもう現れない】と思い込むようになってしまうのです。

でもよく思い返してみましょう。
決して良い思い出ばかりではなかったはずです。

よくよく記憶の糸をたどって、良い面と悪い面の両方を思い出して初めて、彼に執着する価値があるかどうかを決めることができるのです。

さあ、あなたの思う元カレは、別れた後も執着する価値がある男ですか?
一生その面影を追うほどの良い男でしたか?

大多数の人の元カレは、その辺のどこにでもいるレベルの男だと思います。

いざ、元カレに再会できたときに「あれ?こんな男だったっけ?」とがっかりした時には、もうすでに結婚市場から締め出された後だった・・・なんて悲惨な話、笑い話にはなりませんよ。
そう、女には切実な年齢という問題が付きまとっているのです。

結婚して子供を産みたいと思うのであれば、できれば20代のうちに、遅くても30前半までには結婚をしておかないと、妊娠出産のリスクが高まりますし、そもそも子供がほしい男性は30超えの女性と結婚は考えない可能性が高いです。
結婚しなくてもいい、恋愛だけで十分と言っても、【すごく美人!】【キャリアがすごくて高収入!】【料理が上手で家庭的!】とかいう女性でなければ、できれば若い女性のほうがいいと思う男性の方が圧倒敵に多いわけですから、時間がたてばたつにつれ、新しい彼氏ができにくくなるという現実が待っているのです。
年齢で勝てなくなっていく分、それだけ若い子に勝る何かがないと良い男は捕まえられない、それが恋愛をするうえで覚えておかなければならない悲しい現実。
まだ自分に若さがあるうちに次のステップに進めるようにしましょう。

そのためには、まずは一度、冷静になって思い出を振り返ってみましょう。
「あれ?別に復縁しなくてもよくない?」と思えたら、次の幸せへのチケットを手に入れたも同然です。

新しい幸せを手に入れるには、まずは過去の恋と決別することが肝要なのです。
過去の恋を吹っ切ったあとに周囲を見渡すと、突然世界が色づいて見えることでしょう。

「彼のほうが良い男だった」「彼に会いたい」と元カレのことばかり考えていると、たとえアプローチをかけてくる男性がいたとしても、いまいち魅力を感じにくくなりますし、アプローチそのものに気が付かないケースもあります。
けれど、元カレを吹っ切ってしまえば、周囲の男性にも目が行くようになり、今まで気にも留めていなかったような男性の良い面に気付いたり、アプローチにも敏感に気付くようになるのです。

そう!新しい恋を邪魔する一番の敵は過去の恋への未練!
次のステップに行くためには、過去の恋をただの思い出にしてしまわなければならないのです。

過去は過去!いつまで引きずっていても未来はありません。
過去の恋はダストボックスに投げ込み、次の恋を探しに行きましょう。



3c9e112dcc630b19351ab4306a29815e_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)