別れの原因で一番多い理由は「価値観の不一致」だといいます。価値観、と聞いて、そんなの最初から分かっている話じゃないの?なんて周りの人たちは思うかもしれません。
ですが、皆さんも経験あると思いますが「こんな部分もあるんだ…」と言う良くも悪くもの気持ちは、お付き合いを始めなければ分からない事の方が多いですよね。

今回は「軽視する価値観は、最終的に時限爆弾となる」というお話をしたいと思います。


【価値観は押し付けるものでも譲るものでもない、歩み寄り、認め、共有するもの】
皆さんの中にも、これだけは譲れない価値観があると思います。それはきっと、人と共感できるものから、自分独自のものまで様々でしょう。しかし、中には衝突しない為に譲る方がお互いの為だと勘違いし「ここは、譲っちゃ駄目でしょ?」と言う部分でさえ、自分の心を抑え込む人も居ます。そういう人は、相手の為だと思い込んでいますが、本当は全部自分の為なのです。

そして、価値観を重視する人もまた、自分の為なのです。どちらを選択しても、自分の為に動いている意識なら、自分の中の譲れないものは明確に持っておく方が、ぶれない自分を作られると思いませんか?そこで、前者の「衝突を避けるために、価値観を譲る人」は、相手はきっと居心地がいいと思います。

相手と自分の間を取って、という譲歩する行為をしなくていいのですから楽ですよね。でも、人間にはきっと「譲れない気持ち」と言うものが、生きてきた環境で積み重なっていくものだと筆者は思うのです。環境が違うのですから、これは有で、これは否という基準はそれぞれなのは仕方のない事です。

その部分を自分とは違うからといって、相手に押し付けるような真似をする人は、少し考えた方がいいかもしれません。価値観は共有出来るもので、そして歩み寄るものなのですから、相手に自分の価値観を押し付ける時点で、ただ自分の居心地の良さを確保しようとしているに過ぎないと思います。

そして、相手に譲ることが波風立たなくて済むと思っている人もまた、自分という考えがなくなっていき、相手の思考に乗っかる楽な方に流れていくのです。


【人間関係が続く最終地点は、価値観の一致と共感】
始めは顔が好み、話しやすい、雰囲気が好きなど、ふわっとした感覚で「好き」という淡いピンク色の花が心に咲くと思います。始めから全てを知ることは出来ないのだから当然な話です。ですが、好きでお付き合いを始めたのに、なぜか別れが来る人と、そうでない人に分けられますよね。

別れの原因は、浮気であったり、金銭面、些細な事まで沢山あります。そしてその共通するものは、物や人、全てにおいての価値観の不一致で片づけられるお話です。
根本的な部分、その人の核となる価値観が一緒、または共感できるものじゃないと、長く付き合っていく事は出来ないと思います。

「なぜ、あの人は、そんなことが出来るの?」なんて頭を悩ませても、ある意味仕方のない事でもあるのです。ですが、その部分を知るとなると、お付き合いをして相手を知っていかなければ分かりません。

そこで、また問題が起きてしまうのが、付き合った年月と自分の心の妥協です。

「理解できない」と思う事が端々であっても、ほとんどの方が「でも、今まで付き合ってきたんだし。価値観が違うからって別れたら、今までの我慢は何だったのだろう?」と考えなくていい問題に頭悩まし、無駄な妥協を選択していくのです。

その考えが頭をよぎった瞬間から、お互いの価値は無に等しいと言えると思います。新しい感覚を吸収できる相手なら、お互いに尊重し合い、刺激となっていくと思います。

でも、自分の中のこれだけは!という思いを削ってまでそばに居る存在に、一体何の価値があるのだろうか?その疑問を持つことは、自分の人生を生きめには必要なことだと思います。





CON_katawo15092721-thumb-1000xauto-13058
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)