女子にとって恋愛は、人生を左右するほどの大きなものです。恋愛の先には結婚があり、年齢を重ねて、お付き合いを重ねていくために、この人と結婚してもいいかな?とか、この人の子供が欲しいな、と言うような思いを募らせていきます。

昔では、20代後半となると「まだ結婚しないの?」とか「もしかしたら、結婚できないの?」と思われてしまう年齢でしたが、最近では結婚はいつしてもいいんじゃないの?と言うような風潮に変わってきました。女性自身も、社会的に認められる立場になることが多く、仕事が楽しい!自分の人生は自分で決める!というような人生観に変わってきたからなのでしょう。

二頭追うものは一頭も得ずという言葉があるとおり、私たちは2つのものを同時に望んだとき、どちらかを手放してしまうかもしれないというリスクが伴っているのかもしれません。

今回は、恋愛一直線になってしまうと仕事がおろそかになり、仕事に意義を見つけたとき恋愛がおろそかになってしまう、そんな女子特有の話をしていきたいと思います。


【恋愛に一直線になってしまったら仕事が手につかなくなり、仕事に意義を見つけたら恋愛が面倒になる女子は多い?】

男子は結婚したとしても、社会から退くことはなくより一層社会に腰を据えて家族を守って行かなければなりません。ですが、女子の場合は結婚をするにあたって、主婦になるかそれとも共働きで頑張るか、というように2択 の選択に分かれます。

結婚するなら家庭に入ることは当たり前という傾向は最近では少ないですが、やはり私たちは自然にそういった考えが頭の中に染み込んでいるのです。なので、仕事に意義が見つけられないといった人たちは、恋愛に重きを置き結婚がゴールと考えそれに一直線にひた走るのでしょう。

そして、反対に今の仕事がとても楽しい・とても充実していると感じている女子は仕事に生き、結婚という二文字は頭の中に薄れていってしまうのです。そこまで極論的な考えをしてしまうのが女子なのか?と思われてしまうかもしれませんが、女子はどちらかというと前者の恋愛に重きを置く人生にかけている人が多いと思います。


そんなふうに考えると、男子のほうが恋愛と仕事を両立させているのですから、器用なのかな?と思ってしまいますよね。
私の場合は、仕事をする時に彼女といるとき、遊んでいる時と切り替える術をおのずと学んでいるのです。

しかし、仕事に夢中になって連絡が少しおろそかになってしまったりしてしまう場合も多いのでしょう。だからといって女子のように、それだけで頭がいっぱいになることはありません。それはそれ、これはこれ、というように少しずつ頭の中を変化しているように感じます。

ですが、女子の場合は仕事で頭がいっぱいになるというよりは恋愛に対して心も頭も持って行かれるほうが強いのではないでしょうか?大好きな彼と喧嘩をしてしまった日の仕事はてにつかなかったり大好きだった彼と別れてしまった次の日から寝込んでしまったりなど、体に不調きたしてしまうほど悩んでしまうのは女子の特徴でもあります。

恋愛に振り回されるという言葉は、女子に使われることが多いのがその理由だと思います。

女子も男子のように優先順よその時々に変えることができれば、もっと高く飛ぶことができると思います。結婚したら彼の人生に寄り添うというアンパイを考え結婚をするというよりも、自分の道は自分で歩んで大好きな彼と一緒に人生を歩んでいくというスタンスの方が、自分の人生を生きたいという感覚になるのではないでしょうか。





PAK57_konoatodoushiyoukanato-thumb-815xauto-15669

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)