今から35年前の1980年12月8日、ザ・ビートルズ形成期の実質的なリーダーであったジョン・レノンは、ニューヨークの自宅アパート前で多方向からの銃弾を受け、死亡しました。そのときジョンの傍らにいて自らにも銃口を向けられたものの奇跡的に難を逃れたのが、ジョンの妻だったオノ・ヨーコさん(本名:ヨーコ・オノ・レノン、出生名:小野洋子)です。
「平和と愛」こそが輝かしいのだと一貫して訴え、不屈の度胸と創造力で「多様性に富んだ人類の未来」を志向する現代前衛美術の第一人者であるオノ・ヨーコさんの数々の名言の中から筆者が選んだ5つの金言を、WomanNews読者の悩める女子のみなさんにお贈りしたいと思います。


【彼(ジョン・レノン)は私にたくさん「I love you」と言ってくれた。私ももっとたくさん言えばよかった】

近年わが国でジョン・レノンを追悼して行われている「ジョン・レノン・スーパーライブ」でオノ・ヨーコさんが言った言葉です。もともと日本人であるヨーコさんは、成人してからの暮らしはほとんど欧米諸国で過ごしてきたとはいえ、やはり日常的に「I love you」と口に出して言う習慣はなかったのでしょう。

どんなに愛している人とであっても、人はいつか別れなければなりません。ヨーコさんはこの発言をしたとき珍しく人前で涙し、参加アーティストの一人がヨーコさんを抱きしめて慰めました。


【貧乏には耐えられる でもさみしさは さみしさには耐えられない】

ヨーコさんはご先祖さまに安田財閥の創始者である安田善次郎や元日本興業銀行総裁の小野栄二郎、元貴族院議員の安田善三郎といった人たちを持つ、文字通りのセレブリティです。ですが、ヨーコさんはそういったご先祖さまたちから何も「世襲」してはいません。たった一人、異国の地で、前衛芸術家として生きてきました。
ですから貧乏暮らしなどはどうということはありません。ただ、愛する人がいないさみしさにだけは耐えられない。実に素直な、女子の心の叫びではないでしょうか。


【人のことを批判したり考えるよりも、自分の健康について考えたほうがいいです】

2004年10月に東京・新宿の住友ホールで開かれた朝日カルチャーセンター主催の講演会で、講演会を聴きにきていた参加者から「グローバルな過激派組織についてどう思うか?」と質問された際に、その問いへの答えとして言った言葉です。

その講演会の3年前に起きたいわゆる「9・11」の際、アメリカ合衆国政府は国内の各放送局に「テロリストまで愛せと言っているかのようなジョン・レノンの“イマジン”という楽曲は、オンエアすべきではない」といった主旨の、放送自粛通達を出しました。ヨーコさんはそういった過剰反応を批判し、心の健康を含む自分の健康について考えたほうがよほどマシだと言ったのです。この点については次の項目でも詳述させていただきます。


【幸せな気持ちの人が増えればそれは連鎖して世界平和につながる】

2008年の秋に学習院大学で開いた講演会での発言。ヨーコさんは前衛芸術界の第一人者であると同時にジョン・レノンと行動を共にした世界を代表する平和活動家でもあります。
上述しましたようなテロリズムといった戦略を採ってくるような人たちというのは、わが国のように「曲がりなりにも人々が穏健に、立場を超えて仲良くしながら共生している社会」を破壊し、「穏健」だった民衆を「好戦的」にしてしまうことを目的にして、攻撃してきます。ヨーコさんは、それに「乗るな」と、昔から言い続けているわけです。


【偏見なんか無視しちゃって、自分が好きなことをやったほうがいい】

2015年の11月、個展のために来日したヨーコさんに朝日新聞の丸山ひかりさんがインタビューした際に語った言葉です。

「レイシズム(人種差別)にずいいぶん私はやられたけれど、エイジズム(高齢者への偏見)があるなんて知らなかった。でもそれはみんな人が作ったの。無視しちゃって、自分が好きなことをやったほうがいい」

WomanNews読者である女子のみなさんも、さまざまな偏見に悩んでいらっしゃることと思います。以前は男子の世界だった職場に女子が進出することへの偏見。能力を持っているのに「非正規」だというだけで下に見るような偏見。数え上げたらきりがありません。

ヨーコさんの言うように、偏見なんか無視しちゃいましょう。『Woman』という楽曲でジョン・レノンが歌っているように、女子はそれだけで特別な存在です。


自分を大切にし、好きなことをやって、幸せな気持ちを愛する人と分かち合いましょう。今を生きる女子の大先輩であるオノ・ヨーコさんは、みなさんにそう言っているように思えるのです。

<参考:オノ・ヨーコ(小野洋子)公式サイト New York Art.com>
<参考:朝日新聞2015年12月9日夕刊『オノ・ヨーコ 前衛の原点』(丸山ひかり・記事)>



onoyo-ko画像引用元:JAPANREALTIME


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)