一方的な相手からの拒絶、「なんで?」、「どうして?」が頭の中をグルグル回る。好きな気持ちが薄れていない、こちらの意見から言わせてもらうと「意味が分からない」という言葉しか思いつかない。

そして男女の終わりには、様々な結末がある。ケンカ、気持ちの冷め、浮気、等々終わり方は人それぞれ。一方的な終わり方と言うと、音信不通、これが一番相手の事を考えていない、自分勝手で、ある意味賢い終わり方です。音信不通をしたことがあるという人も少なくはないと思いますが、音信不通をされた事がある人は、きっと「相手が誰であろうと、理由もなく音信不通にはしないでおこう」と感じると思います。

それほど、相手からの一方的な拒絶は、今の自分の気持ちをどこに持っていけばいいか分からなくなるほど、混乱させるには十分なほど心を疲れさせてしまうものです。

今回は、一方的な相手からの拒絶に対して、どういう風に、思いの処理をしたらいいのかというお話をしていきたいと思います。


【音信不通=別れとなる、その期間はあやふやだからこそ諦めがつかない】

音信不通は、何日、何か月、何年連絡が無ければ、別れとなるのでしょうか?

この感覚はひとそれぞれだと思いますが。例えば自分自身に置き換えても、一カ月~二カ月連絡を取ろうと思わないということは、相手に関心も興味もなくなってしまったと思われても仕方がないと思います。
筆者からすると、反対に、そう思われて欲しいと思っているから、理由もなく音信不通という手段を使えるのだと思いました。「そっちがその気なら、こっちも待つ気なんてさらさらないわ!」と言いたくて、連絡を取っても返ってこない。

撃った弾が当たったのか、当たらなかったのかさえ知ることが出来ないのは、本当に辛いことです。


【連絡がとれなくなったということは、「相手はもう私を好きじゃないのだ」と思った方がいい】

悲しくて辛い事だけど、こうなってしまった場合、「なんで?」とか「どうして?」と問い詰めるのは、自分の首を絞めるだけなのです。だって、連絡が無いという事で分かる事実は、「相手は自分と連絡を取りたくはないのだ」という事だけが明白なのですから。でも、「もしかしたら」という希望が頭の中を駆け回ってしまいますよね。

ハッキリと言われていない分、可能性はあるのではないか?という余裕が無意識に出てきてしまいそうになります。連絡を取れなくなった理由はもしかしたら、本当にあるかもしれません。
だけど、それでも、音信不通になるのは、あなたのことを考えていない証拠だから。


【失恋の悲しみは、ちゃんと時間と記憶が解決してくれる】

筆者は、周りにびっくりされるほど切り替えが早いです。大失恋を経験しても、落ち込んだのは二日程度!「本当に好きだったの?」と言われてしまうかもしれませんが、落ち込む期間が長ければ長いほど、好きの気持ちは大きかったとは思いません。

二人の時間は急に終わってしまったとしても、落ち込むことでその時間が戻ることはないし、反対に、大好きな人と大切な時間を共有出来て、学ぶことも沢山あって、幸せだったはずだから。その学びと、経験を今の自分に活かすことが、一番大切なのではないでしょうか。


相手への、最後の優しさとは、一体何だと思いますか?最後なのだから、優しくする必要がないと思って、痛烈な言葉を浴びせる人や、音信不通といった自分よがりな終わり方をする人がいます。

だけど、最後位大好きだった相手に、自分から別れを告げるのなら、嫌われる位の覚悟を持って欲しいと思います。相手が二度と自分に振り向かない位に。




女子21

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)