ある4社が行った、「男性が彼女に作ってほしい手料理ランキング」の結果を調べてみました。
調査対象者は独身男性、年齢不問、調査地域・調査時期もバラバラ。4社とも、筆者がランダムに選んだ会社です。では、結果をみていきましょう。

◆A社の結果
1位 カレー 
2位 オムライス
3位 肉じゃが 
4位 ハンバーグ 
5位 シチュー、ケーキ・スウィーツ 

◆B社の結果
1位 カレー
2位 肉じゃが
3位 オムライス
4位 ハンバーグ
5位 からあげ・ロールキャベツ・親子丼・炊き込みごはん・グラタン・さばの味噌煮

◆C社の結果
1位 オムライス
2位 カレー
3位 味噌汁
4位 煮物、おにぎり

◆D社の結果
1位 肉じゃが
2位 カレー・味噌汁 
4位 ハンバーグ
5位 おにぎり

どうでしょうか?なんと4社すべてにカレーがランクイン。そしてオムライス、ハンバーグ、肉じゃがは3社でランクインしています。いくら同じ調査内容とはいえ、調査時期も対象年齢もバラバラなのにこのような結果が得られたことにとても驚きました。男性が女性に求める調理にはどのような特徴があるのでしょうか?

【カレー】

4社すべてにランクインしたカレー。しかも、2社で1位を獲得しています。
カレーを作ってほしい理由としては「自分が好きだから」というのが約半数。「彼女の得意料理を食べたい」よりも「好きなものを作ってもらいたい」という意見のほうが多いようです。「カレーの具や辛さによってその人が今まで食べてきたカレーの味や、育ってきた味覚がわかる」という意見もたくさん挙がっていました。
「育ってきた味」なんて言われると少しプレッシャーがかかりますが、逆に考えれば、自分が食べ慣れている味を彼に知ってもらう良い機会になるかもしれません。カレーは失敗も少ないので、あまり料理が得意でない人でも作りやすいメニューですよね。

【オムライス】

洋食代表、オムライス。ケチャップで文字や絵を描けるのもポイントが高いようです。ベタですが「すき♡」の文字や名前を書かれるのに男性は弱いようです。文字が苦手な人はハートマークやニコちゃんマークをひとつ描くだけでも可愛さアップです。オムライスの決め手はたまごの仕上がり。半熟のふわふわにするか、昔ながらのしっかりとキレイに巻かれたオムライスにするか、好みが分かれるところでもあるので、彼の好みをあらかじめリサーチしておくとよさそうです。

【ハンバーグ】

好きな食べ物としても上位にあがるハンバーグ。こちらもカレーライス同様、「自分が好きだから彼女に作ってもらいたい」という理由が多いようです。ハンバーグの中にチーズを入れたり、豆腐を混ぜ込んでヘルシーに仕上げたり、あえて和風ハンバーグにして大人な雰囲気を出したりと、工夫次第でいろんな種類のハンバーグが作れます。彼のリクエストにこたえつつ、彼がびっくりしてしまうようなオリジナルハンバーグを作ってみてください。   

【肉じゃが】

いわゆる“お袋の味”肉じゃがも3社でランクイン。“ザ・恋人料理”という感じですが、そんなベタさも人気の理由のひとつなのかもしれません肉じゃがランクインした理由としては、「家庭的で温もりを感じる料理だから」など、「家庭」「愛情」「温かみ」といった言葉が並びました。彼女に家庭的な一面を求めたい男心がうかがえます。

すべてに共通していえるのは、男性が彼女に作ってほしい料理はいずれもさほど手間のかからない料理ばかりだということ。オシャレな料理名のつくものではなく、誰もが昔から食べ慣れているような料理ばかり。家庭的なメニューは好印象であり、定番だからこそ凝ったときに個人の差が出やすいです。
男性は手料理に弱い。普段自炊をしない男性であれば尚更です。料理に自信のない女性も、頑張れば意外と簡単に彼の心と胃袋をゲットできるかもしれません。


d8fb81722f5fa59f97be6c58e0465174_s
(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)