「最近の男子は~」と女子のきつい言葉が耳に刺さる男子諸君。草食系男子や絶食系男子、ロールキャベツ男子など様々な部類に分けられた男子たち。

その中でも、女子が最も「ちょっと・・・」と感じてしまうのが〝子犬系男子“最近聞きなれてきた言葉だとは思いますが、子犬系男子は昔から存在しており、ただ、そういった系統の男子を好きな女子もいたので、公には部類されることはなかったのでしょう。

しかし、草食系や絶食系などよりも、厄介かも…?と感じてしまうのが子犬系男子!!その理由を今回じゃお話していきたいと思います。

【子犬系男子の特徴と生態とは?】

それでは、女子の皆さんの気になる彼や、大好きな彼が子犬系男子なのかチェックしていきたいと思います。

▽自己主張というよりも自己中心的な部分が多い
▽相手の既読スルーが許せない
▽連絡は基本的にマメな方
▽会った時など甘えん坊
▽ヤキモチ妬き(素直にやきもちを妬くことが出来ない)
▽褒められるのが大好物
▽自分自身を仕事などで正当に評価されないと腹が立つ
▽思ったことは躊躇なく口に出す

まだまだ、子犬系男子の特徴はありますが、この項目の中で当てはまる男子は意外にも多いと思います。なぜなら、褒められるのが大好きとか、自己中心的な部分というのは、男子の大半は持ち合わせている感情だからです。それらを、表立って相手にぶつけることが出来る男子が、子犬系男子というのです。

かまって・かまって~感が強いだけと言葉を見るだけでは思ってしまうかもしれませんが、子犬系男子は精神的にも甘えが出やすい男子の事をいいます。ですから、母性本能の強い女子なら、可愛くて仕方がない!と思えるタイプかもしれませんが、そうではない女子なら「男の子なのに…?」と男としての寡黙な部分が全くないので、苦手な人は本当に付き合う事も出来ないと思います。

そして、付き合う前に分かればいいのですが、子犬系男子の厄介な部分は、第一印象が自分を持っていて、彼女のことを思ってくれていると感じるので、始めは良い彼氏かも?と認識されやすい所なのです。
やはり女子は、連絡にマメじゃない男子の事を嫌がる人が多いので、こういう風に連絡がマメという部分だけでも、嬉しい!と感じるのです。

【子犬系男子の上手な飼いならし方とは?】

女子の方が、子犬系男子に合わせていればいるほど、子犬系男子はつけあがっていき、しまいには些細な事でも自分の思い通りにならずにかまってくれないとなると、男子はその感情が怒りに変わってきてしまうので、そこ上手に立ち回らなければいけません。

その方法をお話していきます。

♦連絡が出来ない時などは、始めに一言言っておくこと!

子犬系男子の攻撃は、女子が思っているほど生ぬるいものではありません。かまって~かまって~攻撃が相手に通用しないと感じたら、お次はそれに怒りがプラスされてしまうので、余計にややこしい事になってしまうのが特徴です。
女子が男子にいうような言葉を言うだけなら、まだ聞けるのですが。男子が頻繁に怒りを表立ってだされたら、少し怖いと感じる感情にも繋がりやすくなってしまうのです。ですので、そうならないためにも、足元をすくわれないように事前に一言言っておく必要があるのです。

♦かまって攻撃が始まったら、始めから反応しない!

連絡がマメな男子は女子にモテると思われていますが、女子よりもマメ過ぎたら「ちゃんと仕事してる?」と不安を感じてしまいます。自分の時間が有る時は、目一杯連絡をしてくるのでそれらに相手をしてしまっていたら、一人の時間もどんどん削がれていってしまいます。

♦女子の依存は身を亡ぼすけど、男子の依存は首輪をつけてるワンちゃんと同じ

子犬系男子の良い所といえば、相手に対して忠実という部分ですね。ですので、他の女の子の存在や、浮気など、そういった問題はあまり怒らないように思います。しかし、今の彼女に満たされていない・・・褒められないなど、不満ばかり募ったら他の女子に対して心を満たそうとしてしまうのでご注意あれ。

何か彼がしてくれたなど、子犬系男子を目一杯褒めてあげることで、彼は彼女から離れるということはほとんどないのです。



恋人


(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)