人から好かれる人の特徴・・・それは【聞き上手】

聞き上手はいろんな人から好かれますので、当然、異性にもモテモテ。当然、聞き上手のモテ女になりたい!とは思うのですが、ただ聞くだけではうまくいかないし、かといって自分のことを話しすぎても聞き上手とは言えないし・・・で結構難しいものがあるんですよね。

ということで!聞き上手になれるよう、ポイントを押さえて会話をしてみましょう。
コツさえつかめばアナタも今日から聞き上手!モテ女への道をまっしぐらです!


☆相手の目を見て話を聞こう!

きちんと相手の目を見れない人は、聞き上手とは程遠い。話しているときに、うつむかれたり、髪をいじっていたり、よそを向いていたりすると「この話興味がないのかなー?」「ちゃんと聞いてくれてるのかなー?」と相手は不安になってしまいます。

ちゃんと相手の目を見て、真剣に聞いてることをアピールしましょう。


☆ふーん、へえ、そうなんだ!の相槌も重要

ただ黙って聞いてるだけだと、人形相手に話してる気分になってしまいますので、適切なタイミングできちんと相槌を入れてあげることが大切です。

「へえ!そうなんだ」「ふーん、それは大変だったね」「うんうん、わかる~」

きちんと間に相槌があることで「ああ、話を聞いてもらえてるんだ」という安心感を与えることができますよ。また、ただ相槌を打つだけでなく、感情のこもった相槌だとなおさらGOODです。驚いたときは驚いた表情を、同情するときは悲しそうな表情を、楽しい話の時は笑顔を一緒に出しましょう。

その際、相手の気持ちとリンクすれば、相手はほっとした気持ちになり、こちらに好意を持ちます。人間は共感しあうことで仲間意識が芽生え、親愛の気持ちを持つようにできているため、気持ちを同調させてあげるのが好意を持たれるコツなのです。

本当に心からそう思っている、という感情をアピールすることで「ああ、この子はオレと同じ気持ちを共有してくれてるんだ」と感じ、居心地よく思ってくれること間違いなしですよ。


☆会話の中にオウム返しをこっそり混ぜ込む

「この間○○がね・・・」「○○がどうしたの?」とさりげなく相手の言ったことを繰り返して言うと、相手の緊張がほぐれ、話しやすくなります。

オウム返しは話を聞いてもらってるという感覚と共に、同じ会話をしてるんだという共有意識を持つことができるマジックワードです。
ただ、やりすぎは禁物で、しょっちゅう使うのはNG。さりげなく、会話の中に滑り込ませるのがポイントです。何度も何度もオウム返しを行うと、「こいつ、本当に聞いてるのか?」なんて逆効果にもなりかねません。要所要所だけで使うようにしましょう。上手に使いこなせるようになったら、話しやすい人だと認識してもらえるようになりますよ。


☆時には自分の意見も述べよう

相手と同調したいがために、すべてのはなしを「うんうん」と聞くのははっきり言って嘘くさいです。自分の意見がある場合は控えめに言ってみましょう。その際、注意しておかないといけないのは【相手の意見を否定しないこと】です。

相手が言っていることを「それは違うよ!」とか「え~、そんなんだめだよ」とか言ってしまうと、相手は否定された気持ちになってしまいます。そうなると、相手は「もうこれ以上話しても無駄かな」とか「ああ、この人とは根本的に考え方が違うんだ」とあきらめモードになってしまい、心を閉ざしてしまいます。

ですので、「そうなんだ、アナタはそう思ったのね。私はこう思ったんだけど、本当のとこはどうなんだろ?」と、相手の意見を汲みつつ、自分の意見を織り交ぜ、最後に相手に返すのがベストな回答。

相手も自分の意見を否定されたわけではないので、こちらの話を受け入れやすくなりますし、最後に相手に判断をゆだねることで、相手の考えていることを、もっともっと引き出すことができるようになるのです。

自分の考えを共有できる人に好意を持つのは自然なこと。相手の考えを引き出すことで、相手は「この人とはいろんな考えを共有できている」と言う気持ちになりますので、信頼関係を築くことが容易になってくるのです。


プロの聞き上手は、とにかく相手に内面をさらけ出させるのが上手な人です。

相手の内面を吐き出させるためには、上手に誘導しなければいけません。真剣に話を聞き、相手の心情に合わせた表情で、正確な相槌を打つ、これがとても重要になってきます。

モテたいのであれば、多くの人と心を通わせることが大切。相手の話をよく聞き、心を込めて返事を返せばきっと、聞き上手な女の子としてみんなから好かれること間違いなしです。頑張ってくださいね。




(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)