社会人になれば飲みのお誘いが多いはず。
独身OLには合コンの誘いもありますよね。
楽しい楽しい飲み会だと、ついつい飲みすぎてしまうことも。

けれど、注意しておかないと、「あの飲み方はないだろう・・・」「女捨ててるんじゃない?」とドン引きされることもあります。
そうなるともう、悲惨です。
一気に「あの女はない」という烙印を押され、モテ女の道から一気に蹴落とされる結果になるのですから。

そうならないためにも、男性陣が「こんなノリの女はいやだ!」という飲み方を一挙公開!
楽しい席で羽目を外しすぎて、不評を買わないように、男性陣の本音を知っておきましょう。

一気飲みなどの酒豪アピールは、ドン引きされる可能性大!

飲み会を盛り上げようとした一気飲み、「学生じゃないんだから、こんな勢いだけのノリ勘弁してくれ」とか「酒豪?ちょっとやめとこう」と思われる原因となります。

一昔前までは、飲みに行く=コミュニケーションの手段の一つと考えられていたため、男性でも飲める人は多かったのですが、最近の男性の中には全く飲まない人や飲んでも一口二口程度という人も増えています。
ですので、お酒が強いというのはあまり良いイメージにつながりにくくなっているのが今の現実。

特に女性の一気飲みや、ビール瓶ごと飲むのは、豪快さが前面に印象付けられてしまうため、若い女性の一気飲みは避けておいた方が無難ですね。
親父キャラや豪快キャラの女性のみの特技にしておきましょう。

手酌で飲むのは親父くさい?

手酌でどくどくお酒を注ぐ姿は、どことなく一昔前の親父さんをイメージされがちで、「親父くさい」「飲兵衛」だ、と敬遠されることもあります。
また、手酌はマナー違反との声もあり、下品にみられることもありますので、やってはいけない行為だと認識するようにしましょう。

特に「女性はお酒が弱いもの」「外ではあまり飲まないもの」という思い込みは、男女平等、女らしさとか男らしさとか関係ない!という現代でも、根強く残っています。
それはちょっと違うだろ!と酒飲みの筆者も思うんですが、そこは大人です。
遠慮した姿を見せといて自分の価値が下がらないようにできるのであればお安いご用です。

筆者も
手酌をする時は、相手からもう一杯と言われたときに、「じゃあ自分で注ぎますね」というときくらいに抑えるようにしています。
まあ、夫と飲むときはいつでも手酌なんですけどね!

飲むときの音が人を不愉快にさせる!

飲むときに「ごきゅっごきゅっ」とのどが鳴る、げっぷが出てしまう、下ネタを言ってしまう、悪口三昧、これらは全部NGです。
大人の飲み会なのですから、みんなでおいしくお酒が飲めるよう、配慮するのがマナーです。

お酒は舌だけで味わうものではありません。
その場の雰囲気、周囲の音、おいしい料理など全部ひっくるめて味わうのが大人同士のお酒の飲み方です。

一人で飲む分には構いませんが、人と飲んでいるときくらいは、その人がおいしくお酒を飲めるよう、配慮するのが当然のマナーです。

飲み会でやってはいけないトップ3、どうでしたか?
飲み会というのは、大人同士のお付き合いの場です。
そこには、自分だけが楽しく飲めればいいという考えは存在していません。
いかに相手に楽しく飲んでもらえるかが重要なのです。

自分が楽しく飲みたいときは、自分だけの時や、同じような考えの友達と飲むときだけにしましょう。

お目当ての男性や会社の人、同僚などと飲みに行くときはある程度の節度を持って飲むのが、人間関係を円満に築いていくコツです。
たかが飲み会、されど飲み会です。
飲み会でその後の人間関係が変わることも珍しくありませんので、マナーを守って楽しい雰囲気づくりを目指してくださいね!

お疲れ女子のレスキューサプリ

shinbashi-gerodon20140921200241-thumb-1000xauto-17791

 (女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)