手って意外と男性が見るビューティーポイントの一つです。
手が荒れていたりすると、がっかりされることもあるほど重要ポイント。
なので、ハンドケアはとっても大切。

中でも、最近はやりのネイルアートも男性のチェックポイントの中で重要度を示し始めてきたケアポイントです。

ネイルのチェックってどんなことされるの?
好きなネイルにするだけじゃダメなの?

メイクと一緒でネイルにもモテネイルがあります。
男性に好感を持ってもらおうと思うのであれば、ちゃんと男性好みのネイルにしなければなりません。
モテネイルを目指すのであれば、男性の好む傾向を理解しておきましょう。

☆長すぎる爪はNG

長すぎる爪はNGなようです。
爪が長い女性は、オシャレにばかり気を取られ、家庭的なことが何もできない、という印象を持たれるみたいですね。

「その爪でどうやって料理するの?」「掃除のとき邪魔にならない?」「なんか魔女みたい」

こんな意見がとても多く聞かれます。

ですので、爪の長さは生活の邪魔にならない程度にとどめておくのがベストでしょう。
長すぎる爪は女子力ダウンになってしまいますのでご注意を。

☆原色よりもナチュラルカラーやパステルカラーなど淡い色合いが好まれる

男性は、原色よりも淡い色合いの方を好むようですね。
ビビットレッドよりも薄いピンク、どぎつい青よりも空の色のようなスカイブルー、抹茶のような緑よりも薄い透明感のある緑、という感じです。

ポイントで原色を使うのはありですが、メインに持ってくるのはやめた方が良いですね。
クリアやパステル、淡い色調のものをベースに使い、原色はポイントのみにするのがモテネイルの基本です。

☆ラメやストーンは主張しすぎに注意

カワイイラメやストーンはついつい使いたくなる素材なのですが、つかいすぎちゃうとゴテゴテしてしまい、賢くない女性というイメージを持たれてしまいがちです。
派手=賢くないというのは、ただの俗説で、実際はそうではないのですが、ギャルのイメージが強すぎてそう思われても仕方ない現状となっているようです。

ある程度の年齢を経た、大人の女性なら少し落ち着いたネイル使いをしておいた方が知的に見え、魅力アップさせることができますよ。

使う場合はワンポイントや、ライン状がおすすめ。
大きめのストーンは避け、小さめのストーンではかなさを演出すると良いでしょう。
繊細さを演出するのがポイントです。

☆上手にフレンチを使って大人の女性を演出

フレンチは上手に使うと、上品さや知的さ、セクシーさを演出できる良いネイル法です。

クリアベースに濃いカーキやボルドーなどで秋を演出したり、先端にレッドを入れて大人の女性を演出するほか、ピンク地にホワイトフレンチでかわいらしさをアピール、ネイビーなどのはっきりした色もフレンチを使えばセクシーなイメージを作ることもできますよ。

せっかくネイルアートをするのですから、おとなしめのものばかり使っても楽しくありませんよね?
原色や派手な色は、フレンチにして使ってしまいましょう。

上手に使いこなせたら、女子力アップ!
モテネイルへの近道に入り込んだも同然です!

上手にフレンチを使いこなしましょう。

☆ネイルだけじゃない、指の先端までケアしよう

いくらきれいなネイルアートでも、ささくれだった指、ごつごつした手、指毛ぼうぼうでは意味はありません。
手全体が美しく見えるよう気を配ってみてください。

顔と同じように、UVケアをし、保湿&しわ伸ばしで美しい手をキープ。
指のささくれも除去をし、指毛も抜いておきます。

そして大事なのはいかに手を美しく見せるか。
指をそろえて動かす、なるべく曲げないようにする、きれいに見える角度を研究する、そういう努力が手を美しく見せ、ネイルアートをより、際立たせてくれるのです。

指って、意外と女性らしさを表す大事な部分なんです。
美しい指をさらに美しく演出し、男性を魅了しましょう。
目指せ!ハンドビューティです。



b8175e2a3c85d452a3a82a1626b9b773_s

(女子のお悩み解決コラム -WomanNews ウーマンニュース-)