顔の年輪とも言われる「シワ」。樹木の年輪が多いほど樹齢も経っていて、人も顔のシワも多いほど老けてみえます。一口に「シワ」といっても、実はシワにも種類があったのです。老け顔を回避するために、種類と対策を学びましょう!

【シワの種類って?】
シワは、大きく分けると2種類あります。
■表情ジワ
表情ジワとは、目尻、眉間、額、ほうれい線などにできるシワです。喜怒哀楽で表情が変わったときに出るシワだったのが、加齢と共に無表情のときにもそのシワができてしまうことを「表情ジワ」といいます。真皮のコラーゲンが減って弾力を失った結果、シワとなります。
■乾燥ジワ
目周りなどによく見られる細かいシワ。水分が不足している乾燥状態で、表情ジワと違って真皮までは溝ができていないので軽く肌を引き上げてみるとシワは見えなくなるのが特徴です。代謝の低下や肌の乾燥、紫外線の影響も大きく関係するのが「乾燥ジワ」なのです。

【シワはなぜできるのだろう?】
シワができる大きな原因は「コラーゲンの減少」です。なぜコラーゲンが減少するとシワができるのでしょうか。 コラーゲンは肌内部の真皮に存在しており、肌内側からバネのように支え肌のハリを維持しています。加齢と共に減っていくコラーゲンですが、紫外線によってお肌が破壊されることも有名です。
コラーゲンは人間の体内で生成される成分です。破壊されたらまた体内で生成すればいいのでは?と思いますが、年齢を重ねるごとにコラーゲンを作る能力が低下してしまいます。そして、紫外線によってコラーゲンをつくる細胞を傷つけてしまう。結果、新しいコラーゲンを補えなくなるため「シワ」が発生します。

1779972_0【シワを撃退!シワの改善方法は?】
■表情ジワの改善方法
・同じ表情を続けない
・顔のマッサージをして筋肉をよく動かすようにする
・ハリ弾力を呼び戻す成分を摂取し、積極的にスキンケアを行う
特に顔のマッサージは手間だと敬遠しがちですが、効果はとても高いです。
■乾燥ジワの改善方法
水分の保持力、代謝の低下など原因は様々。とにかく乾燥をさせないことが大事なので、スキンケアはしっかりと。ヒアルロン酸やセラミドを配合している化粧水やクリームを使って念入りに。乾燥しやすい季節には、室内の工夫も大切です。エアコンを使用する季節は特に!部屋に洗濯物を干したり、加湿器を上手に使い湿度を適度に保ちましょう。
・出先でできる乾燥ケア
フェイスミストを持ち歩き、こまめに顔にシュッシュッとスプレーする。このときに、出る霧が細かいものを選ばないと化粧崩れの原因になってしまいますのでご注意を!ちなみに、このフェイスミストはお化粧直しにも使えるので一石二鳥です。

【スキンケアが大事!でもスキンケアでもシワができるってホント?】
保湿やマッサージはシワにはとても効果的です。しかし、間違った方法で行うと逆効果になってしまいます。
・洗顔はゴシゴシこすらない
・冷たい手でスキンケアをしない
・化粧水のパッティングは優しく
・力を入れてマッサージをしない
・タオルで拭くときは押さえるように
このように、意外とやりがちな間違ったスキンケア方法で逆にシワをつくり出してしまっていたかもしれません。

いかがでしたでしょうか。シワもシミと同じく、若い頃からの積み重なりでできるものです。まずは、紫外線対策をしっかり施し日焼けをしないこと。そして、スキンケアをしっかりとすることであなたの○年後の未来はハリのある若々しい姿で迎えられること間違いなしです!


RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss







*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!
20140804cimg02.1