キメの細かい陶器のような肌は女性の憧れでもありますよね。しかし、小鼻はどうしてもキメが荒くなりがちな部分になります。角栓が出来てザラザラ&ボコボコ鼻…皮脂詰まりが進行して黒ズミまで…そんなイチゴ鼻に悩む女性も多いのではないでしょうか。
1 顔の中でも、小鼻の部分は、皮脂分泌が盛んで毛穴も開きやすく汚れも詰まりやすい上に、メイクで隠しても皮脂で崩れやすくなります。特にイチゴ鼻まで進行してしまったら余計目立ちやすくなり悩みも一層大きくなりますね。そして、よりによって、鼻は顔の中心にあり目立ってしまいがち…では、どうしたらいいのか…

「毛穴パックでパッととればいい??」 
「自分で押し出してもいい??」
「沢山、洗顔をすればいい?」・・・答えは、全てNOです。

頑固なイチゴ鼻もきちんと適切なお手入れをしてあげることによって改善することが可能です!!今回は、頑固なイチゴ鼻ができる原因と改善策をお伝えさせて頂きます!!

まず、イチゴ鼻はどのようにして出来るのでしょうか?
【イチゴ鼻が出来る原因】
①皮脂分泌が過剰に行われる
②皮脂が毛穴につまる(角栓)
③角栓が酸化してしまい黒ずんでしまう

大まかにいうと、上記の事が原因になっています。

原因を一つずつ説明すると
①「皮脂分泌が過剰に行われる」小鼻は、元々、皮脂分泌が盛んな部分でもありますが、保湿を怠った時にも皮脂分泌が過剰に行われる。
②「皮脂が毛穴に詰まる(角栓)」単に洗顔が上手に出来ていないということもありますが、毛穴周囲の皮膚が固くなって汚れが取れにくくなっているということも考えられます。
③「角栓が酸化してしまい黒ずんでしまう」例えば、バナナとかりんごも剥いて酸素にあたると茶色くなりますが、角栓も同じで詰まってしまった皮脂が酸化することで黒くなってしまいます。

どうしたらイチゴ鼻は改善されるのか??

【イチゴ鼻を改善するケア方法】
①酵素洗顔やスクラブ洗顔などで角栓を取り除く
酵素洗顔は、毛穴の中に詰まった皮脂を溶かしてくれ汚れを無理なく汚れを取ってくれます。しかし、肌が弱い方や薄い方には刺激もあるので肌の状態に合わせて使用しましょう。
②小鼻の部分の皮膚を柔らかくする
皮脂分泌が盛んな部分は角質肥厚(角質が厚くなる事)になりやすく皮膚が固くなりやすいので汚れが取れにくくなります。そういった肌は、洗顔後に毛穴用のマッサージジェルなどを使用しマッサージを行うことで皮膚を柔軟にすることができます。また、半身浴などで汗を出すと一緒に皮脂汚れも流してくれます。
③汚れをとった後は徹底的に保湿を行う
きちんと保湿を行う事で、毛穴の引き締めと皮脂分泌を抑えてくれます。また、保湿と美白成分を含んでいる美容液を入れ込んだ後に、引き締め効果のある収れん化粧水で毛穴を引き締めるのも効果的です。
基本的なケアは、このようになります。

しかし、イチゴ鼻で長年、悩んでいらっしゃる方の中には、自分で角栓を出したり、毛穴パックをされたご経験もあられる方もいらっしゃると思います。ですが、そのようなケアは更にイチゴ鼻を悪化させる場合があります。

●角栓を自分で出す行為

毛穴の周りの皮膚を傷付けてシミの原因になり黒ずみが更に目立ちやすくなる

●毛穴パック

無理に剥がすと毛穴の周囲のシミを作る原因や、毛穴パック後のケアを怠ると開いた部分に汚れなどが入り更に毛穴が拡張してしまう原因になる。

また、皮脂汚れをとろうと何度も洗顔をされる方もいらっしゃいますが、過剰な洗顔は逆に皮脂分泌を促してしまいます。

イチゴ鼻は、頑固な肌トラブルの一つでもありますが、手を掛けてあげることによって改善や予防にもなります。難しいようにみえて、簡単にいうと、基本的には、汚れをとって保湿を行うという2つの事になります。つるつるの小鼻になれるように、日々のスキンケアに取り入れてみられてはいかがですか!!



RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss







*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ!!

≪魔女のスティック ≫twitterで話題のダイエットグッズ

www.tanpopomall.com
いつもの食事に混ぜるだけ!「1週間で-5キロ」に!
20140804cimg02.1