隠れていると思って油断をしてはいませんか?見えていないようで、実は見られています。体の悩みとは尽きないものです。お顔の肌の悩みなどはよく雑誌でも載っているのに、お尻の悩みってなかなか載っていない!この悩みって私だけなの?という疑問をお持ちの方に、皆様が持つ「お尻の悩み」をご紹介しましょう。

【みんなが知りたい!「汚尻」の悩みとは?】
・黒ずみ
・たるみ
・ザラザラ
・ニキビ
・カサカサ
・シミ

いかがでしょうか。このように、多くの女性はたくさんの悩みを抱えています。テレビや雑誌に出てくるようなモデルさんのお尻はなぜあんなにきれいでツルンとしているの?と思う方が大半。

黒ずみはなぜできるのでしょうか。
①下着による圧迫
お尻の広範囲の黒ずみが気になるのであれば、考えられる理由は「圧迫」です。例えば、長時間かたい椅子に座っていることが多いデスクワークであったり、サイズが合っていない下着による締め付けが原因です。
体の重さがすべてお尻にかかってしまい、長時間座ったり、下着で締め付けている状態だとその部分が角質化し皮膚が分厚くゴワゴワになってきます。
②摩擦
お尻は常に下着に洋服にと摩擦をされています。お尻に限らず、どの肌の部分もそうですが摩擦によってザラつきや炎症が起き、その部分が色素沈着を起こしやすくなります。普段身につけているものもさることながら、入浴して体を洗うときの摩擦も少なからず影響しています。
③乾燥
お尻も立派なお肌の一部。顔が乾燥しているのであれば、お尻も乾燥していて当たり前なのです。また、長時間座ったりすることで角化してしまったお尻に保湿を施してもなかなか浸透せずに乾燥を悪化させてしまうということもあります。乾燥したお尻もデリケートで、そこがまた摩擦によって傷つくことで黒ずみの原因にもなり得ます。
④炎症
座っていたり、サイズや素材が合わない下着をつけていることで肌への刺激となり、炎症を起こしてしまうことがあります。かぶれやニキビです。
きちんと治療することが大切ですが、ニキビの跡が色素沈着してしまい黒ずみになることもあるので要注意です。
⑤ホルモンバランス
女性に特に多いのはホルモンバランスによる黒ずみです。妊娠・出産、生理などホルモンの変動は大きく関係します。ホルモンバランスによる黒ずみは自分では何ともしにくい症状なので、医師に相談することをおすすめします。

【美尻を目指すためにできるケアとは?】
■体のサイズに合った下着をつける
■下着による摩擦を避けるために、素材はなるべく天然素材のものをつける
■長時間座る際にはクッションなどを使用したり、できるだけ長時間座らないようにする
■入浴時にお尻を洗うときは、決してこすらず泡で優しく洗う
■保湿を怠らない
■ニキビや炎症を起こしてしまったら、速やかに病院を受診し薬を処方してもらい正しい治療を行う
■ホルモンバランスが影響してるかもと思ったら、まずは医師に相談しましょう

e5ff896623d486c55b61562447698120_sお尻も立派なお肌です。

顔には化粧水や乳液などをしっかりつけるのに、お尻に何もつけないのはせっかくのお尻が台無しになっていまいます。 お尻の肌も普通のお肌と同様に考えて、お風呂上がりなどは特に保湿ケアを行うと黒ずみもできにくいお尻になります。

顔もそうですが、乾燥が引き起こすトラブルというものはとても多くなっているので清潔にして保湿する!これが大事です。お顔がくすむのと同様、お尻もターンオーバーが正常に働かないと角質が肥厚してしまい、黒ずみもさることながら様々な要因になってしまいがち。


このように見てみると、「汚尻」の悩みは顔の悩みと共通していることがわかります。顔もお尻も、1枚の皮膚でつながっているのです。顔はたくさんケアをするのに、お尻にはノータッチというのはあまりにもお尻がかわいそう。

あなたも今日から美尻を目指して活動してみませんか?