女性の美とは、顔だけではありません。あなたは普段から全身を鏡でみていますか?

女性の体は本来丸みを帯びた曲線ラインが美しいといわれています。しかし、年齢を重ねるごとに、顔の筋肉のみならず体のあらゆる筋肉も重力に逆らえなくなってきます。
体の中でもお悩みの多い「お尻」。キュッと上を向いたお尻は若く見られます。顔だけでなく、お尻もリフトアップして若返り!そんな、たるんだお尻をリフトアップさせる方法をご紹介します。

【なぜお尻はたるんでしまうのか?】
お尻のたるみは1日や2日でなるものではありません。
日頃の生活習慣が積み重なってできるものなのです。お尻のたるみは加齢のせい!と決めつけてはいませんか?

実はお尻のたるみの原因は、加齢だけが原因ではなかったのです。ではそのほかにはどのような原因があるのでしょうか。
■運動不足
■姿勢の悪さ
■歩き方の悪さ・・・など

【筋肉のたるみが皮膚のたるみになる?】
たるみの原因の1位は筋肉の衰えです。普段あまり使わない筋肉ですと、早くて20代の中盤あたりから衰え始め「たるみ」の原因となります。
特に「抗重力筋」というお尻周辺でいうと、お尻の「大臀筋(だいでんきん)」太ももの裏の「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」などの体の後ろ側についている筋肉の衰えが原因でたるみが起こりやすくなっています。

【たるみやすい部位No.1はお尻!】
女性のたるみのお悩みで最も多いのは、「お尻」。続いて「ウエスト」や「お腹まわり」となっています。脂肪は、あまり動かさない部分につきやすく、しかも一度ついてしまうとなかなか落ちにくいというのも難点です。

脂肪がついて重くなることで、その重みに耐えきれなくなった皮膚はどうしてもたるんでしまいます。ですから、たるみを改善するのもさることながら、まずは脂肪をつきにくくすることが有効といえるでしょう。

【たるんだお尻に喝!注意すべき3つのポイント】
あの頃の引き締まったお尻は、努力をすればまだ取り戻すことは可能です。日頃からできる、たるんだお尻をリフトアップする3つのポイントをご紹介します。
◎猫背は卒業!
体の健康もまずは良い姿勢から。猫背の状態では、骨や内臓などにも悪影響を及ぼします。姿勢を正すだけでも、抗重力筋は使うので意識的に姿勢を正すだけでも効果があります。
◎歩き方に注意する!
姿勢を正し、肩幅くらいの歩幅でつま先をきちんと前に向けて歩く。バランスの悪い歩き方は骨盤の歪みにも繋がり、骨盤が歪むことで脂肪がつきやすくなりたるみにつながるので注意が必要です。
◎座りっぱなしなど長時間の同じ姿勢はNG!
特に座りっぱなしは良くありません。座っている状態はお尻に何の負荷もかかっておらず、筋肉は楽をしている状態です。先ほど説明した通り、筋肉を使わないことでたるみは進んでいく一方です。

【たるんだお尻をリフトアップさせる方法とは】
上記の3つの点に注意をして、意識的に筋肉を動かすことを心がけましょう。
■◯◯をしながらエクササイズ。テレビを観ながら……電話をしながら……と○○をしながら、お尻をリフトアップさせるエクササイズをすることが可能です。
■床と垂直に立つ(この際、壁に手をつくもしくは何かにつかまるなど支えがあると良い)
■直立した状態で、体に対してまっすぐ後ろにひざを伸ばし、足を45度の位置まであげる
■45度の位置まであげた足を直立したもとの位置に戻し、②,③の順で繰り返す

このエクササイズで気をつけたいのが、「姿勢」です。
体が前傾姿勢になっても効果はありません。床に対して体を垂直にし、姿勢は正してお尻と太ももの裏を意識しながら行うことで、より効果的なエクササイズになります。

11628312-nude-womanいかがでしたでしょうか。このように、普段の生活習慣からたるみは生まれてしまっているのです。日頃から正しい姿勢を意識して、衰えがちな部分の筋肉に喝を入れることでお尻の筋肉も上向きに変化していくことでしょう。

お尻の筋肉を上向きにして、気分もポジティブになりましょう!



↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ