朝晩、冷え込むようになり日差しも大分やわらかくなってきましたね。日差しの落ち着き共に、秋はつい紫外線対策を怠りがちになります。

しかし!秋もまだまだ紫外線は強く、また、秋特有の肌状態から紫外線の影響も受けやすくなっているのです!美しい肌を保つためにも、秋の紫外線対策はとても大切になってきます。

そこで、今回は、「秋に適した紫外線対策」についてお伝えさせて頂きたいと思います。


~秋の肌はどんな状態??~
①夏に受けた紫外線の肌へのダメージで角質が厚くなっている

紫外線を浴びた時は、肌の防御機能として角質が厚くなります。また、日焼けをすると、最初は赤みやヒリヒリ感などが出ますが、一旦、赤みが落ち着いた後は乾燥し、乾燥した肌は、角質層に潤いが無くなり肌をゴワゴワさせる原因となるのです。

②紫外線を受けたことで、肌にシミやソバカスが増えている
よく耳にする、シミの原因にもなる「メラニン色素」。このメラニン色素は、日焼けをした時などは肌の防御機能として多く産生され肌を守ってくれます。しかし、日焼けにより、ターンオーバーが異常になることでメラニン色素を上手に排出することが出来ず肌に残る事によってシミなどが出来てしまいます。

③肌の乾燥が目立ってくる
秋は、外気の乾燥と共に肌もカサつきがちになります。皮膚の一番上の層の角質層は、肌のバリア機能を担っているのですが、角質層に潤いが無くなると紫外線などを含む外部の刺激に対して肌が弱くなってしまいます。


このように、秋の肌は、夏に受けたダメージが尾を引いている状態&肌の乾燥と共に外部の刺激を受けやすい状態となっているのです。また、秋の紫外線は夏の紫外線の約半分の量にはなりますが、長く紫外線に当たっていれば夏と同じ量のダメージを肌に受けてしまいます。

ですので、秋でもきちんと紫外線ケアを行う事は大切なことになるのです。
では、秋はどのような紫外線ケアを行えば良いのでしょうか??


~秋に適した紫外線ケアとは??
①肌に十分な潤いを与える

肌に十分な水分補給を行うことは、乾燥から肌を守ってくれるだけではなく角質層に潤いをもたらす事によって紫外線から肌を守る事にも繋がります。

②肌が乾燥する場合は保湿効果のあるUVケア商品を使用する
秋は、肌が乾燥しやすくなりますので、乳液タイプのUV商品を選ぶと保湿を行いながら紫外線カットを行うことが出来ます。

③厚くなった角質のケアを行う
夏に日焼けをされた方は角質が厚くなっている事があります。角質層が乱れていると更に紫外線の影響を受けやすくなったり、シミを改善してくれる美容液を使用しても肌への浸透が悪かったりします。そんな方は、酵素洗顔を使用したりピーリングを行い肌をなめらかにする事が大切です。
しかし、乾燥肌の方や敏感肌の方は刺激になることもあるので肌の状態を確認し使用することも大切になってきます。(乾燥肌や敏感肌の方は、洗顔を丁寧に行ったり、半身浴で新陳代謝をアップしターンオーバーを促してあげましょう)


秋は、行楽シーズンで日に当たる事も多くなるかと思います。気温も下がっている分、暑さも感じにくいので「うっかり日焼け」をしやすい季節でもあります。
外出の際は、日焼け止めはもちろん、日傘や帽子なども活用し紫外線からお肌を守るようにしましょう!




↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ