男性の意見ですが、女性の象徴はやはり胸だという意見が多く、女性も小さいから自信が無いと嘆く前に色々なバストアップ方法があるのをご存知ですか?

バストは作られるものなのです。

間違ったブラジャーのつけ方から、脂肪が背中に流れていってしまったり、乾燥や筋力不足からくるたるみなど、バストが小さくなる原因は沢山あります。
今回は、その脂肪たちを元のバスト位置に戻し、正しい筋トレでそのバストを維持できる方法をご紹介したいと思います。


『美しい胸の作り方・ケア方法』
美しい胸とは一体何なのか?程よいふくらみに、ハリやツヤ離れずに真っ直ぐのバストが美しい胸だと思います。その為には、日々の努力がやはり必要になりますし、スキンケアも必要になってきます。

<たるみをなくす、バストアップ筋力トレーニング>
バストアップ筋力トレーニングは、女性たるもの知っている方が多いと思いますが、胸筋を鍛える事で胸のたるみは改善できます。

■まずは手を合わせて合掌のポーズをとります。
■その両手を押し合うようにし、中心へ力を入れます。
■その押し合っている両手を胸下まで下ろしていき、呼吸を意識しながら5秒キープです。
この胸筋を鍛える方法は皆様もご存知かもしれませんが、この筋力トレーニングは意外にもバストアップには効果てきめんで、脂肪が流れやすい側筋にもきき一石二鳥のトレーニングです。

■長めのタオルを用意します。
■そのタオルの端を掴み、胸を張るようにし腕を上げ、そのまま後方に持っていきます。
■そのまま伸ばした腕を、ゆっくり上下します。
バストアップ効果もありますが、肩甲骨もほぐしてくれるのでリンパの詰りなどにも効果があり相乗効果のある筋力トレーニングとなっています。

お風呂上りや、血流がよくなっている状態で行うと効果的なので、入浴中にお勧めです。ですが、筋力トレーニングだけでは肝心の美しさは保たれません。その為に必要なのが、バストのスキンケアです。


<美しさを保つスキンケア方法>
胸はお顔と一緒のスキンケアを!とまでは言いませんが、化粧水→保湿クリームでいいのでスキンケアが必要となります。胸元がキレイな女性はとても魅力的で、大きい小さいに限らず目を引きます。

皮膚が薄いので、スキンケアは入念に行う事が大切で、化粧水はたっぷりとバシャバシャと付けてください。胸元用のスキンケアなら、高いものでなくてもバシャバシャ使えるほどのコストで良いと思います。水分を十分に貯え、保湿クリームで水分を逃さないようにすることが大切です。一日では変化は現れませんが、毎日続けることでハリ感もアップし、キラキラな胸元に変化していきます。

『正しいブラジャーの付け方』
女性の多くは、正しいブラジャーの付け方を知らない方が多いと思います。
一番いい方法は、高めの下着屋さんに行き、ベテランの女性スタッフに装着を習う事です。自分だけの判断で何カップだと思いこみ、合わないブラジャーを装着し続けることで、どんどんと胸の脂肪は逃げていき、最終背中のお肉の仲間入りとなってしまうのです。

■自分のバストを計り、合ったブラを探す
■下を向いたまま装着し、そのままの状態で下から上へ、外から中へとカップ内に収めていく
■背中を真っ直ぐにし、紐を調整します
■カップの端と端を持ち、揺らすように馴染ませます。(片方ずつ行ってください)

胸元は女性の象徴でもあるので、女性なら誰しも胸にコンプレックスの1つや2つ抱えています。ブラを自己判断で購入している方の多くは、自分の胸よりも小さいカップを選びがちなので、正しく計ってもらった時、確実にカップ数は上がります。

背筋をぴんと張って日々生活することで、美しい胸は作られていくのです。

9b64f9ea16b48204e9337bd8bd87af46_s




↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ