頬などにポツンと目立つシミ!・・・気になるシミを手っ取り早く消す方法の一つとしてメイクがありますよね。しかし、メイクの仕方によっては、余計にシミが浮いて目立ってしまったりきれいにシミを隠すことが難しかったり・・・なかなかシミを消すには技がいるものです。

シミを消すメイクは、普段のメイクよりも少し難しく感じられる方も多いかと思いますが、少し工夫するだけできれいに隠すこともできます。ということで!
今回は気になるシミを上手に隠すメイク方法を「普段用シミ隠しメイク」「おめかしシミ隠しメーク」のシーン別に分けてお伝えさせて頂きます。


「普段用シミ隠しメイク」
●コンシーラーやファンデーションは伸ばさずたたく

ファンデーションを、伸ばして付けられる方もいらっしゃいますが、伸ばしながら付ける事によって、せっかく隠した部分がはげてしまいシミが露出してしまいがちになります。
コンシーラーやファンデーションは、たたいて使用するとシミをカバーしやすくなります。
●シミ部分は他の部分と分けてメイクする
いっぺんにメイクをしてしまうのではなく、シミの部分は分けてメイクするとカバー力が増したり、カバーしたメイクの持ちが良くなります。
例えば、通常のメイクだと
①下地

②リキッドファンデーション

③パウダーファンデーション

④お粉
という流れでメイクをされている方が多いかと思います。

しかしシミを隠すメイクの場合
①下地

②全体にリキッドファンデーションの塗布

③シミの部分にコンシーラーをたたく

④コンシーラで隠した部分にパウダーファンデーションをたたく

⑤全体にパウダーファンデーションをたたく
 (コンシーラーで隠した部分も再度たたいて馴染ませる)

⑥お粉で仕上げる
という、この流れで行うと通常のメイクよりもきれいにシミを隠すことが出来ます!


女性にとってのメイクは、お洋服でおしゃれするのと同じでTPOに合わせてメイクも変化させ楽しむ事ができる物の一つですよね。
会社用のメイクや、少し近くまで出かける時のメイク。また、少しおめかしして出かける時のデートメイクなど、場面に合わせてメイクに気合が入る時もあるかと思います。
少し、力を入れてメイクをしたい時は、気になるシミを完全にきれいに隠したい!という気持ちも更に高まるかと思いますが、そういった時は、先程、説明させて頂いたメイク方法に手を加えて頂くとより一層カバー力や持ちが良くなります。

「おめかしシミ隠しメイク」
●前日orメイク前に丁寧なスキンケアを行う
丁寧なスキンケアとは、
①洗顔
②化粧水や乳液などの保湿
こういった事をいつもよりも時間をかけて丁寧に行うことです。

丁寧な洗顔は、汚れやつまりを取ってくれて肌の表面をきれいにしてくれます。また、十分な保湿を行う事は肌をなめらかにしメイクのノリを良くしてくれるのです。
ここで注意なのが、*十分な保湿は油分ではなく水分の補給ということです。

たっぷりの水分を補給し、油分で蓋をして水分の蒸発を防ぐようにしましょう。また、いつもよりも丁寧なスキンケアに加えて行うと更に効果的なのが・・・
①前日の夜に半身浴などを行う
②皮脂詰まりが多くザラつきがある場合は、洗顔前にホットタオルを当てて温めたあとに洗顔を行う
③肌が冷えている方は、洗顔後の化粧水などを入れ込む前に、ホットタオルなどであたためてから行う
④乾燥がひどい方は、スキンケアが全部終わった後に、ラップを5分ほどかぶせて浸透させる。

半身浴以外は、割と手軽に行いやすく、こういった一手間はシミのカバー力が高まるだけではなく肌ツヤもよく見せてくれる事にも繋がります!是非、お試し下さい!

main-visual




↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ