美にこだわる女性にとって、肌のコンディションは気になる重要項目!
そんな肌のお悩みでよく聞くのは【ニキビ】

ニキビは下手すると痕に残ってしまい、一生悩む羽目になるかもしれません。ですから、日頃の生活の中でニキビができないように、そして、できてもきれいに治すように注意をしないといけないのです。

あとで「このニキビ痕さえなければ…」と後悔する前に、きちんと自分でできるケアをするようにしましょう。


ニキビを予防するにはまずは洗顔です。
毎日正しい方法で洗顔することで、ニキビの予防効果が得られます。ニキビに悩んでいる人はたくさん洗顔すればいいや!とばかりにしょっちゅうゴシゴシ洗ってしまいがち。
でも、それでは逆に皮膚の大事な角質まで落としてしまい、余分な脂が分泌され、結果ニキビを促進させてしまうのです。

洗顔は多くて1日2回までにとどめましょう。
しっかり泡立てた泡でゆっくりマッサージするように優しく洗うようにすれば、爪などで皮膚を傷めることはありません。また、きめ細かい泡は肌の奥まですっきり洗い流してくれますので、洗顔料は必ず泡立てるようにしてください。

また、水ではなく、ぬるま湯で洗うのもポイント
肌を温めて、毛穴を開いてから洗うようにするとより、効果的に汚れを洗い流せます。洗顔料を流す際は、洗った時間の倍の時間をかけて丁寧に!洗剤が顔に残らないように慎重に洗い流してくださいね。

枕カバーが汚い場合も肌にダメージを与えます。
枕カバーは週に1回はきちんと洗うようにしてくださいね。睡眠や紫外線の防止もニキビ予防には役立ちます。肌へのダメージを減らし、ターンオーバーを促進させることがニキビ予防の一番大切なポイントなのですね!


それでもニキビができちゃったという人は、早く治してしまいましょう。
この時、ニキビを指でつぶすのはNGです!

丁寧な洗顔と、保湿で根気良く治すのが一番。アクネ菌退治の専用洗顔料や化粧水はドラッグストアでも販売していますのでそれらを使ってケアしてください。

すでにニキビが後になっちゃった人!自分のニキビ痕タイプを見極めてタイプに合った方法でケアするようにするようにしてください。

赤みが残るタイプのニキビ跡はセルフケアで何とかなることが多いです。ビタミンCが配合された化粧水と美容液を使ってスキンケアを続けるだけで改善されるでしょう。飲むビタミン剤は効果が薄いそうなので化粧水で頑張ってください。

色素沈着してしまっている人。これはちょっと時間がかかりますが、方法がないわけではありません。赤みが残るタイプと同様、ビタミンC配合(誘導体入りであればなおbetter!)色素沈着がひどいなと思う人は、ピーリングも併せて行って下さい。

ポイントは肌のターンオーバーを進めること!ターンオーバーができればそれでOKですので、無理に行わず、肌へのダメージの少ないタイプのものを選びましょう。

ぼこぼことクレーターになっている人はセルフケアでは難しいかもしれません。皮膚科で相談するのがベストな方法と言えるでしょうが、治療には時間がかかることもしばしば。
皮膚科にかかった場合、軽ければケミカルピーリングで何とかなることもありますので、まずは相談してみてください。重度の場合はレーザー治療になってしまいます。

ニキビ痕で泣かないためにも普段の生活から改善していきましょう。

0716




↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ