肌がベタつく暑い季節が終息したと思ったら、もうカサカサ乾燥季節の到来です。
きちんと乾燥対策はできていますか?

気になる乾燥ケアシリーズの第1回目は、誰もが気になる「ひじ・ひざ」の乾燥についてお話をしていきたいと思います。


【乾燥トラブルが起きやすい!】
ひじやひざを見せる機会も多い夏には気にならなかったのに、肌寒くなって洋服で隠れる頃に気になりだす「ひじ」や「ひざ」の乾燥。

実は、ひじやひざというのは乾燥トラブルが起きやすい場所なのです。ひじやひざというのは、机についたり床についたりするなど、外的要因で刺激を受けやすい場所です。また、他の皮膚の部位と違う点は皮脂腺が少ないということです。皮脂腺が少ないと、肌の水分量が足りないときに「潤そう」という力が足りないため、より乾燥しやすくなってしまうのです。

【隠れたエイジングポイント】
乾燥が加速する時期には洋服で覆われがちなひじやひざですが、実は隠れたエイジングポイントなのです。ひじやひざが乾燥して皮膚は硬くゴワつき、角質化します。摩擦などの外的刺激を受けることによってやがて色素沈着をし、黒ずみとなってしまいます。

「エイジング」とは、近年ですと顔のことで使われることが多くなった言葉です。顔のくすみもエイジングサインの代表的な1つです。それは体でも同様で、硬くなり色素沈着を起こしてしまっているひじやひざは、見た目年齢を上げてしまいます。

【今からでも遅くない!硬くなったひじやひざのケア方法】
長年放っておいて角質化してしまったひじやひざ。もう手遅れなのでは・・・と心配しているあなた。大丈夫、今からでも間に合います。
簡単にいうと、硬くなったひじやひざの角質を取ってしまえば良いのです。皮膚は古くなった角質を剥がして新しく生まれ変わる、ターンオーバーを繰り返します。
それは、ひじやひざでも同様です。ひじやひざが硬く角質化してしまっているのは、ターンオーバーがうまくいかずに古い角質が溜まっている状態なのです。この硬く角質化してしまっているところに、一生懸命保湿クリームを塗りこんでも意味はありません。

では、一体どうすれば良いのでしょうか。
それは、薄皮を1枚1枚剥がしていくかのごとく、古い角質を剥がしていく作業を行います。
剥がしていくといっても、痛みを伴うものではないので安心してくださいね。
◆硬くなって角質化した部位をお湯でふやかして柔らかくします
◆スクラブが入ったボディソープや角質ケア用のボディ用品で優しくマッサージします
◆よくすすぎ、タオルで水気をとったらボディーローションで保湿をし、保湿力の高いクリームで閉じ込めた水分にフタをします
手順はこの3つ。とても簡単ではありませんか?

ただし、間違っても軽石などでゴシゴシこするのは絶対にNGです。逆に、皮膚が刺激から体を守ろうとして角質を分厚くしてしまいます。焦らず少しずつケアをしていきましょう。

【どれくらいの頻度でケアをしたら良いの?】
スクラブを使用したケアは、毎日行うと肌にダメージを与えて色素沈着の原因にもなります。目安としては週に1回から2回を目安に行い、ボディローションやボディクリームなどで行う保湿は入浴後に毎日欠かさず行いましょう。
乾燥が気になる方は、日中でもこまめに保湿すると効果的です。

hikari2

いかがでしたでしょうか。スキンケアは顔だけのものではなく、体にも必要な作業です。顔がツルツルでキレイでも、体のあらゆるパーツがカサカサでは魅力も半減です。来年の肌見せの多くなる季節に備えて、今の時期から早めのボディケアを始めて潤い美肌を目指しましょう!

次回、気になる乾燥ケアシリーズ第2回目は「頭皮の乾燥ケア」についてお話したいと思います。
乾燥によるかゆみやフケは、抜け毛や薄毛の原因にもなるのでケアはとても大切です。どうぞお楽しみに!






↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ