顔も体も乾燥してカサカサで粉ふき状態…という方も多いのではないでしょうか。

そんな気になる乾燥ケアシリーズ第2回目は、「頭皮の乾燥」についてお話をしたいと思います。

頭皮も立派な皮膚の一部です。顔や体の皮膚が乾燥しているのであれば、頭皮だって乾燥することがあるのです。そのケア方法をご紹介します。


【乾燥は顔や体だけではなかった!】
顔の肌質で、乾燥肌や脂性肌など種類があるように、頭皮も乾燥しやすい方やベタつきやすい方など種類は様々です。皮がめくれてしまうなど、頭皮が乾燥している状態は、頭皮の皮脂が足りないということを表しています。

顔や体の皮膚と同様、皮脂が少なく乾燥している状態の頭皮は、皮膚のバリア機能が著しく低下している状態です。そのため、非常にデリケートでトラブルが起きやすい状況だといえます。


【頭皮の乾燥の主な原因は?】
◆洗い過ぎ
シャンプーのし過ぎは乾燥を招きます。皆様は普段、1日に何回シャンプーをしていますか?
1日2回以上シャンプーをする方は、頭皮が乾燥しやすい傾向にあります。
シャンプーはなるべく1日1回、おやすみ前にすることをおすすめします。

◆シャンプーの際の洗い方
シャンプーで頭皮を洗う際は、基本的に指の腹を使います。しっかり洗おうとして、爪を立てて洗ってしまう方もいますが絶対にNGです。

頭皮が乾燥してバリア機能が低下しているときに、爪でゴシゴシとこすることで傷になってしまうことがあります。すると、そこが引き金となって乾燥を招き、悪循環になってしまうのです。

◆年齢の問題
人は、年齢を重ねるごとに体全体の皮脂分泌量が減少していきます。頭皮も同様です。年齢が上がると頭皮もより一層乾燥しやすくなり、それが原因で薄毛になる方もいます。


【頭皮の乾燥はどう回避する?】
顔や体が乾燥したときには、化粧水や保湿クリームを見直すなど方法が想像つきますが、頭皮の乾燥はどのようにして回避したら良いのでしょうか。

◆シャンプー剤の見直し
シャンプーの洗浄成分にも様々な種類があり、洗浄力の優しいものから洗浄力の高いものまでたくさんのものがラインナップされています。
一般的に、薬局でなど安価で求めやすいシャンプー剤は、合成界面活性剤の含有量が非常に多いのと、洗浄成分がアルコールベースのため洗浄力も高く、皮脂を取りすぎてしまう傾向にあります。

頭皮の乾燥が気になる方は、必要な皮脂までをも取り去ってしまう可能性があるのでなるべく使用を避けた方が良いでしょう。
頭皮の乾燥が気になる方にオススメの洗浄成分は「アミノ酸」です。アミノ酸が洗浄成分のシャンプーは、乾燥してデリケートになっている頭皮も優しく洗い上げることができ、低刺激なのがポイントです。

髪の毛を洗うイメージが強いシャンプー剤ですが、頭皮の汚れをしっかり落とすことがシャンプー剤の本来の役割なのです。頭皮の汚れがきちんと落ちないと、汚れが毛穴に詰まって思わぬ頭皮トラブルを招くことになります。

◆しっかり頭皮と髪を乾かす
入浴後は、きちんと髪を乾かしましょう。面倒で、濡れたまま寝てしまう方もいますが、濡れた髪が頭皮にあたり湿っている状態だと雑菌が繁殖しやすい状況をつくってしまうため、頭皮トラブルを招きます。

◆頭皮のスキンケア
頭皮も立派な皮膚の一部です。髪は洗いっぱなしにせずキチンと乾かしてからベッドに入ることは大前提ですが、それに加えて保湿をすることが大切です。

頭皮には一体何で保湿をするのでしょうか。市販のもので頭皮用のローションもありますし、顔に使用する乳液を代用しても良いでしょう。
ただし、あまりに油分が多いものだと頭皮の毛穴詰まりの原因にもなるので避けたほうが良いでしょう。全身に使えるボディ用化粧水のようなもので、頭皮にも使えるものがありますのでご自身に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。


ASE_009500-thumb-1195x800-5508

いかがでしたでしょうか。普段顔や体のケアに集中してしまい、頭皮ケアが手薄になってしまうことが多くあります。トラブルを放置することで、薄毛や抜け毛の原因にもなることがあるので放置せずにすぐに対処することが大切です。

毛髪の健康は若さの象徴です。頭皮を健やかに保って、健康美髪でいたいものですね。

さて次回、気になる乾燥ケアシリーズ第3回目は「目元の乾燥」についてお話をしたいと思います。目元の乾燥は様々なトラブルを引き起こす原因になります。そのケア方法とはいかに!?どうぞお楽しみに!





↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ