夏場にはあまり気にならないのに、寒くなる季節には必ずといってもいいほど出現するのが指先のひび割れやあかぎれ。水仕事が多い女性は特に悩みのたねでもあると思います。

気になる乾燥ケアシリーズ第4回目の今日は、何をするにも痛みを伴う指先の乾燥トラブルについてお話をします。


【指先のトラブルはなぜ起きやすい?】
指先の乾燥は1年中起きていることなのですが、それがトラブルとなってあらわれやすいのが「寒い冬」です。ここに1番関係してくるのが「乾燥」です。秋口から寒い冬にかけて、空気は乾燥してカラカラの状態。

先述の通り、それ以外の季節にも指先は乾燥しているのですがその時期の湿度は冬場よりも高いため、トラブルとしては冬場よりもあらわれにくいのがその理由です。
肌のどの部分にも共通していえることなのですが、私たちの体内の水分は知らず知らずのうちに蒸発をしていきます。
冬場などの乾燥が激しい季節には、皮膚内の水分も凄まじいスピードで蒸発してしまい、肌の乾燥を招きます。特に指先というのは何をするにしても使用する部位になるので、様々な刺激や指先を酷使することによって乾燥を伴い、どうしてもトラブルは起きやすくなってしまうのです。


【指先のトラブルから身を守る!】
家事のなかでも水を使うことの多い女性は、指先のトラブルに悩まされることが多々あります。冬場は特に、ひび割れやあかぎれなどとても痛々しい姿になることも…。
日々行うこと、使用するもので指先のトラブルを助長してしまうことがあります。
◆冬場の寒さから守る
指先の乾燥は、「寒さ」も大きな原因です。先ほど説明した通り、寒気や乾燥した空気にさらされた肌は乾燥しやすくなります。そのためにまずできることは、外気から手元を守ることです。画期的なのは「手袋」を使用すると良いでしょう。
◆洗い物はなるべく水で
冬場の寒い時期、洗い物をするときにどうしてもお湯を使いがちです。お湯を使ってしまうと、皮膚を乾燥から守る皮脂膜や角質層で水分を保持しているセラミドが流れてしまい、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。

皮膚のバリア機能が低下してしまうことで、乾燥はより一層進んでしまいます。すると、皮膚の角質は乾燥してめくれあがり、ひび割れなどを引き起こす原因になるのです。そのため、洗い物もなるべく水を使用するか、お湯を使用したとしてもぬるめのお湯にすると良いでしょう。

例えば、水を使用する際にゴム手袋で手を冷たさからガードするのも効果的です。


【日頃から心がけたい簡単なケア】
手元では目に見える乾燥から目に見えない乾燥まで様々です。1番怖いのは、目に見えない乾燥です。知らないうちに乾燥していてトラブルが起き、治るまでに時間がかかることもあります。

そのために、日頃からこまめにケアをすることでトラブルを最小限に食い止めることができます。水を使う作業をしたあとは、手の水気をよく切りハンドクリームで保湿を行います。ポイントは「しつこいくらいに保湿すること」です。

例えば、外から帰宅して手を洗ったら保湿、洗い物をしたら保湿…というように、水を使ったあとは必ず保湿を行うように心がけましょう。水を使ったあとは、水分が手に残っているのでそれが呼び水となり、皮膚内の水分も一緒に乾燥させてしまうため、ハンドクリームで保護することが必要です。

日中、なかなかケアができない場合は夜に集中的にケアすることをおすすめします。夜おやすみ前にハンドクリームをしっかりと塗り、綿の手袋をして寝ます。綿の手袋をすることによって、通気性が良いので蒸れることもなく、寝具にクリームがつかないのでとても画期的なケア方法です。


いかがでしたでしょうか。日頃からこまめにケアをすることで、冬場の指先の乾燥を乗り切ることができます。指先のキレイを保つことも、女性の身だしなみの1つなので大切にケアしていきましょう!

さて次回、気になる乾燥ケア第5回目は「かかとの乾燥」についてお話します。サンダルを履く夏場に備えて、今のうちからケアを実践することが大切です。どうぞお楽しみに!





↓↓【人気コラム】ズボラ飯レシピ・時短ダイエット法の記事はこちら!↓↓
超簡単!「缶詰」を使った、すぐ作れて美味しいズボラ飯レシピ4つを教えます。
足の筋肉を鍛えて基礎代謝UP!簡単時短トレーニング法で脱ぽっちゃり女子!


↓↓【人気特集】簡単&時短レシピにおすすめな食材を多数ご紹介中!↓↓
★全国各地の旨いを集めました!《お取り寄せグルメ特集》
★ご飯にのせてるだけで絶品!《めし友特集》




RSSを登録してWomanNewsの新着記事を簡単チェック!
follow us in feedly

rss






*:.。..。.:*・゚゚・*:.。゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚゚・
EdyやTポイント、航空マイレージなど約200種類のポイントに交換できる
たんぽぽポイントが貯まる「たんぽぽメルマガ会員」の新規登録(無料)はコチラ